×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

バンタム級(リミットは53.5キロ)の最強ボクサー、井上尚弥選手(29)が日本人初の主要4団体(WBA、WBC、IBF、WBO) 統一に向けて、 残すWBOのベルトを狙い王者ポール・バトラー選手(イギリス)と12月13日に東京・有明アリーナで対戦します。

その強さゆえ、日本ボクシング史上最高の選手という呼び声も高い井上選手は、練習と同じくらい、体作りの基礎となる食への高い意識を持っています。井上選手の肉体はどのような食によって作られているのか?グルメをメインテーマとする「おとなの週末Web」は食の観点から全3回にわたり、その秘密にスポットを当てました。ダイジェスト記事で内容を振り返ります。

【第1回】井上尚弥が一番焦った試合とは?

プロテインを飲む井上選手

2012年に大橋ボクシングジムからライトフライ級(48.9キロ)でプロデビューした井上選手。

幼少期よりボクシングを指導してきた父・真吾さんとの父子鷹で23戦23勝と無敗で連勝街道を歩んでいます。

2013年、4戦目に同階級国内王者の田口良一選手(現在は引退)を判定で下し、日本王座を獲得、2014年に6戦目でWBC王者のアドリアン・エルナンデス選手(メキシコ)を倒し、世界王座に就きました。

エルナンデス戦は3週間前にインフルエンザに感染し、ただでさえ体格的にライトフライ級での減量そのものが厳しくなっていることに加え、2週間で約10キロ減らすという過酷な状況に陥ってしまいました。数日間の絶飲食で計量は何とかクリアできましたが、満足な練習もできず、最悪のコンディションで試合を迎えます。

試合は6RKOで勝利したものの、井上選手自身が減量に難しさを感じていたことや、体調管理がうまく行かなかったこと、体重だけなく強靭な肉体を手にするため、栄養面の強化の重要性も感じていたことから、試合後の2014年7月から大手食品会社「明治」の管理栄養士、村野あずささんによる栄養指導がスタートしました。

ボクシング世界3団体統一王者の食の秘密(1)井上尚弥が一番焦った試合とは

ボクシング世界3団体統一王者の食の秘密(1)井上尚弥が一番焦った試合とは

(※上記は、記事の一部。内容は当時です)

次のページ
【第2回】井上尚弥は胃腸も強かった 最強ボクサーを支える勝負...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部 山本
おとなの週末Web編集部 山本

おとなの週末Web編集部 山本

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。5月15日発売の6月号では、「うまくてエモい!…