SNSで最新情報をチェック

『柴又 ハイカラ横丁』 @柴又

店に入った瞬間から、童心に帰れる

建物まるごとがおもちゃ箱のような空間。1階の店舗は所狭しと並ぶ駄菓子、「ソフトグライダー」や「リリアン」といったおもちゃ、昭和のスターのプロマイドなど、アイテム数は数千種類。「国盗り合戦」や「新幹線ゲームV」などの懐かしいゲームもあり、老若男女を問わず楽しめる。

『柴又 ハイカラ横丁』懐かしの駄菓子やその進化版などがお宝のようにザクザク!

2階は「おもちゃ博物館」で、70年代アイドルや『マジンガーZ』などのレアグッズ、懐かしい看板や漫画雑誌などがズラリ。ファミコンや6段ギアの自転車などもあり、少年・少女時代にたちまち戻ってしまう。

『柴又 ハイカラ横丁』自販機がロボットなのも心憎い外観

[住所]東京都葛飾区柴又7-3-12
[電話]03-3673-9627
[営業時間]10時〜18時
[休日]不定休
[交通]京成金町線柴又駅から徒歩1分
おもちゃ博物館
[営業時間]11時〜18時、土・日・祝のみ営業

【はみだし 昭和な博物館】

『昭和レトロ 商品博物館』

東京・青梅にある博物館。昭和B級文化研究家・串間努氏が収集してきた昭和の食品や生活雑貨のパッケージが展示されている。

『昭和レトロ 商品博物館』

撮影/小澤晶子(昭和のくらし博物館)、西崎進也(江戸東京たてもの園、柴又 ハイカラ横丁)、取材/市村幸妙

※2022年2月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

icon-gallery
icon-prev 1 2
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…