SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

両国には大江戸博物館に国技館、すみだ北斎美術館が。蔵前には隅田川にかかる厩橋、浅草橋には屋形船が数多く停泊する柳橋などなど。江戸時代に栄えたこのエリアには、歴史を感じさせるものが数多く残り、それらを見て回るだけでも楽しいエリア。食べ物に目を移せば、日本のブルックリンとも呼ばれる蔵前を中心として、おしゃれな店が続々と増えている。今回は、日中の散策途中で立ち寄りたいカフェ、散策後に舌鼓を打ちたい店を厳選して紹介します。江戸時代に想いを馳せ、モダンな味わいに満足。そんな散策はいかがですか?

昼 雰囲気まで美味しいランチ&カフェ

『Riverside Cafe Cielo y Rio(シエロ イ リオ)』 @蔵前

「空と川」という名を持つ開放感あふれる”街の洋食屋”

隅田川の風を存分に感じられるロケーションで楽しめるのは、フレンチ出身のシェフが繰り出す和のテイストも加えた料理。

鴨胸肉のローストランチ(スープ+パンorライス付) 1900円 ※価格は平日の場合

『Riverside Cafe Cielo y Rio(シエロ イ リオ)』鴨胸肉のロー ストランチ(スープ+パンorライス付)1900円(※価格は平日の場合) 皮目のパリッとした香ばしさも魅力

カモのローストに使用するのは栄養たっぷりに育て、身質がしっかりと味わいも濃厚な「マグレ鴨」。それを低温調理でやわらかく仕上げ、キャラメリゼしたハチミツと粒マスタードからなるコク深く甘じょっぱいソースと合わせれば、ご飯が進むことこの上なし。

ランチは日替わりと月替りがあり、平日と週末で内容や価格が異なる。魅惑のデザートも含めて、いろいろ試してみて。

『Riverside Cafe Cielo y Rio(シエロ イ リオ)』

[住所]東京都台東区蔵前2-15-5 MIRROR1階&3階
[電話]050-3503-8121
[営業時間]11時半~22時、土11時~23時、日・祝11時~22時(全てランチ15時LO、ディナー21時LO)
[休日]無休
[交通]都営大江戸線蔵前駅A7出口から徒歩2分

『両国イタリアン LEGATO(レガート)』 @両国

生産者の顔が見える、こだわりの食材をふんだんに

パスタには、老舗製麺所「浅草開化楼」特製の低加水パスタフレスカを使用。もちもち食感と噛むほどに香る小麦の風味の良さが特長だ。ソースは「富士幻豚」と「足利マール牛」をたっぷりの赤ワインで煮込んでおり深い旨み。

富士幻豚の極上ボロネーゼ 1650円

『両国イタリアン LEGATO(レガート)』富士幻豚の極上ボロネーゼ1650円 炒めた香味野菜と粗挽き肉の旨みがギュッ。赤ワインと合わせたい

両者が絡まれば、まさにヤミツキになる美味しさだ。また「野菜をたくさん食べたい」という声に応え、特にランチのサラダは盛り盛りの太っ腹。どれも「作り手の思いをのせた料理を届けたい」と、食材は生産者に直接会いに行き仕入れるこだわりぶり。その姿勢にも拍手を送りたい。

『両国イタリアン LEGATO(レガート)』

[住所]東京都墨田区両国3-23-8 
[電話]03-3634-5226
[営業時間]11時半~14時半(14時LO)、火~土18時~22時(21時半LO)、日・祝18時~21時(20時半LO)
[休日]月
[交通]JR総武線両国駅東口から徒歩2分

『my Chai(マイチャイ)』 @両国

香り立つスパイスがあと引く独創性あふれる、リッチなチャイ

チャイにハマった店主のアレンさん。アッサムティと北海道産ミルク、スパイスのバランスが絶妙なこのレシピにたどり着くまで、およそ1年半かかったのだとか。

(奥)マイチャイ 650円 (手前)クロワッサンワッフルセット +450円

『my Chai(マイチャイ)』(奥)マイチャイ650円(手前)クロワッサンワッフルセット+450円  ホットは体がポカポカとなる。クロワッサン生地をワッフル型で焼き、カルダモンの鮮烈な香りとカラメルのパリパリ食感に魅了される

シナモンやカルダモンなど8種類のスパイスは、すべて店でホールから砕いて使うのが信条。そして、加える順番や煮出す時間など、その工程はとても繊細なもの。その結晶がスパイスがしっかりと主張しつつも、実に調和が取れた見事な一杯。ハマること請け合いだ。

『my Chai(マイチャイ)』

[住所]東京都墨田区亀沢1-7-8 上野ビル1階
[営業時間]11時~18時
[休日]月
[交通]都営大江戸線両国駅A3出口から徒歩1分

『en cafe』 @蔵前

香りと甘味の調和が記憶に刻まれる駅近カフェ

1階はコーヒースタンド、2階とこだわりのグッズが並ぶ3階はガラス張りのカフェで、晴れの日には光が降り注ぐ。さらに屋上テラスまであり、思い思いに過ごせる。得意とするのは、ハーブを使ったスイーツ。

(手前)ブラン・レトゥ 770円 (奥)セットドリンク(アイスコーヒー)+330円

『en cafe』 (手前)ブラン・レトゥ770円 (奥)セットドリンク(アイスコーヒー)+330円  中にダックワーズ生地にサンドされた、舌溶けのいいミルクチョコと紅茶のクリームが入る

「ブラン・レトゥ」の香りのアクセントはオーガニックジャスミンで、香り豊かなアールグレイもクリームに煮出して使用する。「テリーヌ・ショコラ」は鼻から抜ける芳醇さが魅力。その味を口にした瞬間、幸せが訪れる。

『en cafe』

[住所]東京都台東区蔵前2-6-2
[電話]03-5823-4782
[営業時間]1階 8時~19時、金~日・祝~20時/2階 9時~18時(LO)、金~日・祝~20時(LO)/3階 12時~16時半(LO)、金~日・祝~17時半(LO) ※写真メニューは2・3階のみ、11時~
[休日]無休
[交通]都営大江戸線蔵前駅A2出口から徒歩1分

次のページ
『SOL'S COFFEE ROASTE...
1 2 3

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...