SNSで最新情報をチェック

この夏、若き料理人のナンバーワンが決まる! その大会の名は「ザ・プレミアム・モルツ presents CHEF-1グランプリ2022」。全国461名のエントリーの中から95名が都道府県代表に選出され、全国大会に進んだのは8名。ここからさらに絞られ、1対1の決勝戦が行われました。テレビでのオンエアが終わったばかりの決勝戦の様子をお届けします。

画像ギャラリー

料理人がガチンコ勝負! シェフ版「M-1グランプリ」

「CHEF-1グランプリ」は、冒頭でお伝えしたとおり、若手料理人のナンバーワンを決める大会。「M-1グランプリ」のように参加資格があり、年齢40歳未満(1982年8月1日以降生まれ)であること。プロアマ料理のジャンルを問わないため、基本年齢制限のみ!

2021年は「ドラゴンシェフ」という名前で開催されていましたが、さらなる発展を目指し、2022年より「CHEF-1グランプリ」とタイトル名を変えて、進化! 

全国で行われた予選ラウンド、サバイバルラウンドを経て勝ち抜いたのは、8名のシェフたち。

北海道・東北エリア:大原正雄さん(フレンチ/北海道代表)
地元愛あふれる、北の大地の実力派フレンチシェフ

関東・甲信越エリア:鄭大羽さん(韓国料理/神奈川代表)
韓国料理の魅力を伝えるフリーランスの料理人

関東・甲信越エリア:志田竜児さん(フレンチ/神奈川代表)
『ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション』4代目料理長

東海・北陸エリア:砂山利治さん(フレンチ/石川県代表)
フランスの星付きレストランでスーシェフを経験

近畿エリア:一之瀬愛衣さん(フレンチ/滋賀代表)
紅一点! 滋賀の魅力を伝えるストイックシェフ

近畿エリア:楠 修二さん(和食/京都代表)
祇園の日本料理店出身。発酵食品を愛する料理人

中国・四国エリア:長瀬大樹さん(イタリアン/高知代表)
負けたら引退! 勝負をかけるいごっそうシェフ

九州・沖縄エリア:山下泰史さん(ジャンルレス/福岡代表)
前回大会で準優勝、リベンジを目指す

ここまでの戦いは「TVer」で視聴可能。関東・甲信越エリアの予選ラウンドでは、僭越ながら編集部えびすが審査員を務めさせていただいている。よろしければ、ぜひ。

次のページ
決勝へ向け8名→4名→2名と絞られる!...
1 2 3 4 5 6

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...