SNSで最新情報をチェック

この夏、若き料理人のナンバーワンが決まる! その大会の名は「ザ・プレミアム・モルツ presents CHEF-1グランプリ2022」。全国461名のエントリーの中から95名が都道府県代表に選出。先日、関東・甲信越エリアの予選を勝ち抜いたシェフ7名によるサバイバルラウンドが行われました。全国大会に進めるのは2名。見事勝ち上がったのはどのシェフか。当日の様子を独占ルポでお届けします!

画像ギャラリー

料理人がガチンコ勝負! シェフ版「M-1グランプリ」

「CHEF-1グランプリ」は、冒頭でお伝えしたとおり、若手料理人のナンバーワンを決める大会。「M-1グランプリ」のように参加資格があり、年齢40歳未満(1982年8月1日以降生まれ)であること。プロアマ料理のジャンルを問わないため、基本年齢制限のみ!

2021年は「ドラゴンシェフ」という名前で開催されていましたが、さらなる発展を目指し、2022年より「CHEF-1グランプリ」とタイトル名を変えて、進化! 

全国で行われた予選ラウンドの結果、関東・甲信越エリアは20名から7名に絞られた。予選で審査員をつとめた私からしても、納得の強豪揃いだ。予選の模様は「TVer」でご覧いただけます。

通過順位順に紹介すると、
1位:髙木祐輔さん(中華/東京代表)
『ドラゴンシェフ2021』東京代表に輝く若手有望株

2位:根本郁弥さん(フレンチ/東京代表)
『ガストロノミー“ジョエル・ロブション”』のスーシェフ

3位:鄭大羽さん(韓国料理/神奈川代表)
韓国料理の魅力を伝えるフリーランスの料理人

4位:志田竜児さん(フレンチ/神奈川代表)
『ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション』4代目料理長

5位:佐藤翔さん(和食/新潟代表)
日本料理の名店で研鑽を重ねた腕利き

6位:小島広夢さん(フレンチ/東京代表)
『ガストロノミー“ジョエル・ロブション”』のシェフドパルティ

7位:白鳥翔大さん(ジャンルレス/東京代表)
「ヒトサラベストシェフ100」に選出

ロブション勢が3名いるものの、そのほかはさまざまなジャンルのシェフが勝ち上がってきた。この多様性こそが「CHEF-1グランプリ」の面白さを表しているとも言えよう。

関東・甲信越エリアのサバイバルラウンドで審査を務めるのは、15年連続でミシュラン三つ星を獲得し日本人初のメンターシェフアワードを受賞した日本料理店『かんだ』の神田裕行さん、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの資格を持つ瀬川あずささん

左から、MCの山里亮太さん、ゲストのトリンドル玲奈さん、審査員の神田裕行さん、瀬川あずささん
左から、MCの山里亮太さん、ゲストのトリンドル玲奈さん、審査員の神田裕行さん、瀬川あずささん

そして、エリアアンバサダーのマヂカルラブリーのおふたりと、ゲストのトリンドル玲奈さんが試食を行った。

左から、MCの山里亮太さん、エリアアンバサダーのマヂカルラブリー・野田クリスタルさん、村上さん

次のページ
1回戦、2回戦から激戦の連続!...
1 2 3 4

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

湯気の向こうに笑顔が浮かぶ ブーム到来!焼売 今号の大特集は「焼売」でございます。餃子じゃなくて!?...