SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

全店実食調査!『おとなの週末』が自信を持っておすすめするお店をご紹介します。今回は、東京・椎名町の立ち食いそば店『南天』です。

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ですが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しています。

”豚肉どっさり”腹ペコも大満足の懐かしい旨さ

始発から終電まで、ほぼ休みなく26年間営業を続ける街の顔。創業から変わらぬ看板が「肉そば(うどん)」で、ツユで炊いた豚コマを、麺が見えないほどどっさり乗せる。

肉そば 450円

『南天』肉そば 450円 閉店から開店までの間に仕込むツユは、隠し味に玉ねぎのエキスを加え自然な甘みを生んでいる。肉そばダブル(肉2倍)は550円

やや平打ちでつるっとした蕎麦を引き出して、肉と一緒に勢いよく啜ればパワフルなのにどこか懐かしい、そんな実家の味を思い出した。

舌にじんわり沁みる甘めのツユは、朝方はあっさりと、夜になれば濃厚にと、そこで煮込む豚肉の量によって刻々と味が変化するのも何度も来たくなる理由。さあて、次はどの時間に行こう。

『南天』

[住所]東京都豊島区長崎1-2-2 アクティスビル1階
[電話]03-5966-3600
[営業時間]5時半〜翌1時半
[休日]無休
[交通]西武池袋線椎名町駅北口から徒歩1分

撮影/大西尚明、取材/奈々山いく子

※2022年9月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

旨さ鮮烈。しみわたる一杯 至極のラーメン 着丼とともに鼻孔をくすぐるスープの香り、ひと口飲めば身体の...