SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

『日本橋高島屋S.C.』

本館・新館の注目店をピックアップ

百貨店として初めて国の重要文化財の指定を受けた『高島屋日本橋店』。現在は約90年の歴史がある本館を中心に、新館など4つの建物を連ねたデパートを核としたショッピングセンターとなっている。今回は、本館、新館から注目の最新手土産をセレクト。専門店が揃うだけにバラエティに富んだラインナップになった。

『日本橋高島屋S.C.』

[住所]東京都中央区日本橋2-5-1
[電話]03-3211-4111
[営業時間]10時半〜19時半(日本橋高島屋本館)、10時半〜20時(新館専門店)
[休日]不定休

『ヨネムラ ザ ストア』

風味豊かな大人のためのクッキー

京都の料理人・米村昌泰氏が手がける自家製クッキー専門店。甘さ控えめのクッキーがメインで、香辛料、抹茶、生姜などを効かせた大人の味わい。ふくよかな風味と旨みがたっぷりでワインとの相性抜群

よねむらオリジナルクッキー 5500円

『日本橋高島屋S.C.』『ヨネムラ ザ ストア』よねむらオリジナルクッキー 5500円

『365日と日本橋』

噛むほどに味わい深い食事パン3種

代々木八幡の人気店『365日』×日本橋高島屋のベーカリー。クロッカンショコラや食パンなど人気パンもいいけれど、手土産におすすめなのは日本橋限定パン。十勝産小麦の「キタノカオリ」、熊本産全粒粉の「ミナミノカオリ」、滋賀県産ディンケル小麦の「ディンケル」。どれも何もつけずに小麦の甘さだけで楽しみたいパンだ

キタノカオリ 260円、ミナミノカオリ 1/4サイズ 378円、ディンケル 270円

『日本橋高島屋S.C.』『365日と日本橋』(奥)キタノカオリ 260円 (手前右)ミナミノカオリ 1/4サイズ 378円 (手前左)ディンケル 270円

『ブボ・バルセロナ』

甘じょっぱさがクセになる大粒チョコ

スペイン発のチョコレート専門店で、日本では表参道店とここだけ。人気は大粒のナッツをチョコレートでコーティングした「チョコフルーツ」。チョコに潜ませた海塩がやみつきになるおいしさで、1粒で大満足!

チョコフルーツ(マカダム) 100g 2389円

『日本橋高島屋S.C.』『ブボ・バルセロナ』チョコフルーツ(マカダム) 100g 2389円

『江戸久寿餅』

ハートのくぼみに 黒みつときな粉をトッピング

小麦でんぷんを2年も長期乳酸発酵させた発酵和菓子。モチッとしているのに歯切れがよく、一度食べるとクセになる食感。江戸時代から続く関東独特のおやつ・くずもちが、ハートの形でポップでかわいいスイーツに!

ハートくずもち(紅白) 10個 1080円

『日本橋高島屋S.C.』『江戸久寿餅』ハートくずもち(紅白) 10個 1080円

『山本山 ふじヱ茶房』

創業の地で買える オリジナル茶葉

お茶と海苔の老舗『山本山』の茶房のオリジナル茶葉。山本山の創業者は宇治出身であったため、宇治煎茶を「壱号」と名付けたとか。まろやかながら深みのある香りは、看板商品の「のりせんべい」とよく合う

ふじヱ茶房 壱号(宇治煎茶) 50g 1944円

『日本橋高島屋S.C.』『山本山 ふじヱ茶房』ふじヱ茶房 壱号(宇治煎茶) 50g 1944円

次のページ
『東武百貨店 池袋本店』...
1 2 3 4 5 6 7

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

旨さ鮮烈。しみわたる一杯 至極のラーメン 着丼とともに鼻孔をくすぐるスープの香り、ひと口飲めば身体の...