SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

最近のラーメン店のご飯ものはミニ丼が主流ですが、ラーメンとのセットでその役割を担っていたのがチャーハンでした。改めて、素晴らしさを『おとなの週末』編集部が語ります。

麺だけじゃもの足りぬ 半チャーハンよ、永遠に

編集・武内(以下、武)「何、最近のラーメン屋さんってチャーハンは置いてないわけ?」

編集・戎(以下、戎)「いや、そんなこともないと思いますが、あまり見かけない印象です。コマ切れのチャーシューをのせたミニ丼や、卵かけご飯あたりが多いような……。ラーメンに心血を注ぐ分、チャーハンを作るのは大変だからじゃないでしょうか」

武「ふーん、ラーメンと一緒に食べるご飯といえば、チャーハン。それも半チャーハンだな。その場合、どっちから先に食べる?」

ラーメンと一緒に食べるご飯といえば、チャーハン。ラーメンとチャーハン、どっちから先に食べますか?

戎「まずラーメンから食べます。スープをひと口飲み、麺をいただいてからチャーハンにいきます」

武「チャーハンはレンゲで食べるよね?そのレンゲはラーメンのスープを飲んだやつ?」

戎「はい」

武「えー!ラーメンのスープを飲んだまま、チャーハンにつけるとチャーハンが濡れちゃうじゃん。だから僕はチャーハンから食べるなぁ」

戎「僕はいきなりチャーハンの脂がラーメンのスープに侵食する方がちょっとイヤです。まあ、最終的にはチャーハンと交互に食べるんですけどね。ここで『おとなの週末Web』でチャーハンセット“チャーラー”記事を連載中のライター・永谷正樹さんにも聞いてみましょう。どっちから食べます?」

永「戎さんと同じでラーメンから食べ、チャーハンと交互に食べます」

チャーハンとラーメンはそれぞれの味おいしさを引き立て合う

戎「やっぱりラーメンが最初だ!」

永「それぞれのおいしさを引き立て合い、単品で食べるのとまったく違った味わいに変化するんですよ。チャーラーって味の足し算になるのではなく、チャーハンとラーメンそれぞれの味を引き出し合う、掛け算になる。それに尽きますね」

戎「確かに。チャーハンを口に含んだままスープを飲むと、口の中で旨みが膨らむ気がします」

永「口の中に残る余韻をラーメンのスープで洗い流すことで、ふたつの味がひとつになるんです。そのあとは、ラーメンのチャーシュー以外の具材とチャーハン、スープとチャーハンで食べます」

戎「僕は最後にそれをやって、口の中に醤油や鶏といったおいしいスープの余韻を残したい!」

永「そこは戎さんと反対ですね。僕はチャーハンで〆ます。とっておいたラーメンのチャーシューを食べて口の中に肉の旨みを残しつつ、レンゲ一杯分のチャーハンで完食です」

『珍々軒』炒飯 800円 しっとり系。ラードのコクも◎。スープと一緒に食せば旨み倍増!

武「盛り上がってるところすみません。僕はラーメンよりチャーハンが食べたいことが多いのですが、付いてくるスープがおいしくない確率が高い。だから半チャンを頼んでラーメンをスープ感覚で楽しんでいます。むしろ麺なしでいいくらい」

戎「僕はラーメンありきなので、半チャーハンがちょうどいいです」

武「永谷さんはチャーラーと言ってるくらいだから僕と一緒でしょ?」

永「う〜ん、町中華基準になりますが、ラーメンとご飯ものや他の料理が合うかどうかがポイントだと思っているので、僕はラーメンありきですね」

武「え、それじゃラーチャーじゃないですか~」

永「チャーラー自体が自分の住んでる愛知でよく呼ばれてる愛称なのでそういうわけでは……。おふたりにはぜひご当地チャーラーを味わってほしい。醤油味のラーメンと塩コショウベースのチャーハンの組み合わせと違う、その土地のラーメンとチャーハンの味で、かけ算の印象が変わります!」

戎「それは気になる。町中華のお話が出ましたが、それ自体が少なくなりつつある今、半チャンは貴重かも。なくならないでほしいな」

撮影/小島昇、鵜澤昭彦、文/編集部

※2023年2月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

旨さ鮮烈。しみわたる一杯 至極のラーメン 着丼とともに鼻孔をくすぐるスープの香り、ひと口飲めば身体の...