×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

着丼とともに鼻孔をくすぐるスープの香り、ひと口飲めば身体の隅々に旨さがしみわたり、麺をすすればじ〜んわりと口福が訪れる。長く愛される味には人を惹きつけてやまない魅力がある。ここでは、約20年以上続く名店の醤油・塩ラーメンのおいしい店を中心にご紹介。新店のルーツともいえる味もあり、深遠なる世界を感じられるはず。

【醤油ラーメン】

『来集軒(らいしゅうけん)』 @浅草

奇をてらわない味が変わらずそこにある幸せ

日常の幸せってこういうことをいうのかな。いつ訪れても安心の味がそこにある。昭和がふわり漂う店、名だたる著名人にも愛された浅草の老舗『来集軒』である。

モヤシそば 900円

『来集軒(らいしゅうけん)』モヤシそば 900円 豚肉、もやし、キクラゲなどが入ったやさしい味

初代が「すぐ食べられてお腹を満たすラーメン店が人の役に立つ」と昭和25年に創業。歴史を繋ぐ3代目が落合秀実さんだ。レシピはなく、体で覚えた感覚が頼り。「モヤシそば」は冬の人気で、常連の林家正蔵師匠もお気に入りとか。

手揉みのちぢれ麺は親戚が営む製麺所の特注。豚足、豚骨、鶏ガラに野菜のダシを加えたスープがとろんと馴染む。熱々をふうふうして頬張れば、心までぽっかぽか。明日の活力をもらいに行こう。

『来集軒(らいしゅうけん)』

[住所]東京都台東区西浅草2-26-3
[電話]03-3844-7409
[営業時間]12時~18時 ※材料が無くなり次第終了
[休日]火
[交通]地下鉄銀座線田原町駅3番出口から徒歩5分、つくばエクスプレス浅草駅A2出口から徒歩2分

『支那ソバ かづ屋』 @目黒

染み渡るスープと絶妙な食感に箸が止まらない

提供されたワンタンメンのスープをひと口。ほんのり魚介の香り。そしてコクと重層的な奥行き。鶏ガラと豚ゲンコツ、香味野菜に煮干しや昆布も使うという味わいがじんわり体に染みる。そのスープと絶妙に絡むストレートの麺は自家製麺だ。

ワンタンメン 1250円

『支那ソバ かづ屋』ワンタンメン 1250円 澄んだスープは味わい深いが強過ぎるところがない。中細の麺がまたよく合う。ハチミツを塗って焼く豚肩ロースのチャーシューはほんのり甘くてジューシー

麺帯の状態でひと晩寝かされた麺は加水率が高く、ぷるしこで旨みもあってのど越しもよし。ともかくバランスがいい。そして創業以来人気のワンタン。とろとろプルルンの皮の中にジューシーな肉餡がたっぷり包まれ、ふっと生姜が効いてるのがいい感じ。ちゅるんと食感を楽しみつつ、箸が進んで最後まで食べ飽きない。30年の人気は伊達じゃない。

『支那ソバ かづ屋』

[住所]東京都目黒区下目黒3-2-4
[電話]03-6420-0668
[営業時間]11時〜21時 ※売り切れ次第終了
[休日]不定休
[交通]JRほか目黒駅西口から徒歩12分

次のページ
『らーめん 天神下 大喜(てんじんした だいき)』 @仲御徒...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。7月16日発売の8月号では、夏の食の風物詩「う…