×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

火山活動な阿蘇では火山が織りなす鍋のように独特な地形、カルデラの淵にあるのが界 阿蘇。阿蘇くじゅう国立公園内にあり、8000坪の敷地に12室のみという贅沢な山岳リゾートだ。

阿蘇のカルデラに囲まれたリゾートで、大地の息吹に癒され、こもる贅沢!

コンセプトは「カルデラが育んだ別天地の大自然を堪能する宿」。全室露天風呂付きの離れは、まるで別荘のようでほっとでき、こもるのには最適。森にせり出したような開放的な露天風呂は春になると新緑に包まれてさらに爽やかに。標高1050mで冬は九州でも雪が積もり、夏は涼しい避暑地となる。阿蘇五岳を背景にカルデラ体操で目覚めれば気分もすっきり。カルデラパワーで、身も心もデトックスできそうだ。

 その土地の魅力を探るご当地楽は、阿蘇にちなんだカクテルを味わいながらカルデラの仕組みを学ぶ「カルデラBAR」。箱庭に小山をつくり、風船をマグマに見立てて爆発させる実験が秀逸で、なるほど! こうやって生まれた地形なのか! と腑に落ちる。

また木工アクティビティ、撫で杉づくりも癒される(参加費3500円)。阿蘇の裾野で育つ小国杉を磨き、自分だけの撫で杉に仕上げるというもの。ツボ押しマッサージとしても、アロマディフューザーとしても活用できる撫ぜ杉は、自分で形を整えると愛着が増し、ずっと触っていたくなる。無心に磨く時間も楽しく、これ、おこもり滞在にはぴったり。

夕食は旬の農作物や馬肉や赤牛を堪能。先付は山うに豆腐のムースと赤牛味噌漬け。八寸とお造り、酢の物を盛り付けた宝楽盛りをつまみにお酒も進む。

そしてご当地鍋は数種の味噌をジャージー牛乳に溶かして味わうねたくり鍋。和牛サーロインとカチョカヴァロチーズとの相性が絶妙で濃厚。土鍋ごはんに汁をかけてリゾットのようにいただく締めも絶品だ。デザートは暖炉を囲んだラウンジでゆったりと。朝食は土鍋ご飯を主役に、ごはんのお供となるような小皿が並ぶ彩り豊かな構成。パリッとした南関揚げを乗せていただく甘い麦味噌のお椀のおいしさも新しい発見だった。温泉卵をのせたご飯にあおさの風味が豊かな醤油をかけた卵かけご飯も忘れられない。よし、次なる目的地は長崎県の雲仙だ。

次のページ
山を越え、海を渡ってたどりついたのは地獄⁈ パワフルな地獄を...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。3月14日発売の4月号では、「おにぎりとおべん…