MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
カフェ・トロワバグ(喫茶店/神保町)|コーヒーと引き立て合うサンドイッチ

カフェ・トロワバグ(喫茶店/神保町)|コーヒーと引き立て合うサンドイッチ

神保町[カフェ・トロワバグ]のコーヒーのグルメ記事と写真のページ。扉を開けた瞬間、芳醇なコーヒーの香りに包まれる。ノスタルジックな風情は古き良き喫茶文化を体現しているかのよう。[交通アクセス]都営地下鉄三田線ほか神保町駅A5出口から徒歩1分

カフェ・トロワバグ(最寄駅:神保町駅)

ここで味わいたいのが赤ワインと醤油でトロリと煮込んだ豚バラ肉にキャロットラペ、生野菜をたっぷりはさんだ「ポークリブサンド」だ。パンに塗られたほんのり甘いタスマニア産マスタードが具材同士のつなぎ役。生豆を熟成させたオールドビーンズを丁寧にネルドリップした「トロワブレンド」が、その味わいに華を添えてくれる。

ポークリブサンド
660円(コーヒーとセット1100円)

具材それぞれの食感や多重な味わいが見事なバランスを生む

トロワブレンド
550円

その日の気温や湿度に合わせ微調整しながら丁寧に淹れる。この日選んでくれたカップは鮮やかな色合いのリチャード・ジノリ

カフェ・トロワバグの店舗情報

東京都千代田区神田神保町1-12-1 富田ビル地下1階 [TEL]03-3294-8597 ※ランチタイム有   [営業時間]10時~21時、月10時~20時、土・祝12時~19時 [休日]日 [席]カウンター9席、テーブル21席 計30席/分煙/予約不可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]都営地下鉄三田線ほか神保町駅A5出口から徒歩1分

電話番号 03-3294-8597
2017年7月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ソフトクリームには、静岡県産の本山茶の玉露をほうじて粉末状にし、練り込んでいる。そのため、ほうじ茶の香ばしさが生きている。
作り手から直接買い付けた紅茶に特化し、紅茶の普及に貢献してきた「ジークレフ」。だからこそ「他にはない紅茶スイーツを提案したい」と、喫茶オープン時から新メニューの開発に取り組んできた。
近隣の住民やビジネスマンが足繁く通う人気洋食店。メニューの豊富さと味へのこだわりが、その理由だ。例えば、このポークトマト。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。
最初に向かったのは大子町の『藤田観光りんご園』。ここには金賞を受賞した名物アップルパイがある。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt