×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。2月8日に老衰で亡くなったバート・バカラック(1928~2023年)は、映画『007カジノ・ロワイヤル』(1967年)の主題歌「恋の面影(The Look of Love)」や、映画『明日に向って撃て!』(1969年)の主題歌「雨にぬれても(Raindrops keep Fallin’ On My Head)」、カーペンターズの「遥かなる影(Close To You)」(1970年)、などで知られるアメリカの作曲家です。世界中のミュージシャンに影響を与えたポップスの巨匠の魅力とは―――。

バカラックのメロディーは、どこかで耳にしているはず

バート・バカラックが2023年2月8日、94 歳でこの世を去った。年齢的には大往生と言えるかも知れないが、リアルタイムで彼の音楽に慣れ親しんできた一ファンとしては淋し い限りだ。

音楽はあまり聴かない、あるいは音楽に明るくないという方でもバート・バカラックの作品を何らかの形で耳にしているはずだ。あえて選んで聴いていなくとも 自然に耳にしていると思う。映画『アルフィー』(1966年)の主題歌、『007カジノ・ロワイヤル』(1967年)、『明日に向って撃て!』(1969年)などといった1960年代の名画はバート・バカラックが手掛けていた。あるいは1970年代、日本で最も売れた洋楽ミュージシャンであるカーペンターズもバート・バカラックの手による「遙かなる影(Close To You)」を歌っている。

ぼくのような専門職やコアな音楽ファンはレコードやCDを手にすると、必ずそこに記された情報~クレジットを入念に読む。クレジットから音楽世界は広がる。例えばAというミュージシャンのアルバムが手元にあるとしよう。そのAのアルバムクレジットを見たら、Bという人が作曲している。Cという人がギターを弾いている。するとBという人の他の楽曲を聴きたくなったり、Cというギタリストのアルバムを聴いてみたくなる。こういった知見の広がりが音楽ファンの醍醐味なのだ。いわゆる音楽を深掘る作業だ。

ぼくが音楽に強い興味を持ち始めた1950年代後期から1960年代中期あたりまでは、ラジオが音楽に接する主要メディアだった。ラジオで何回もかかる楽曲が気に入るとシングル・レコードを購入する。アルバムは高嶺の花だった。シングル・レコードでさえ、自由に好きなだけ買えるのはごく一部の裕福な子供たちだけだった。

名曲「涙でさようなら」

ぼくがバート・バカラックの曲を初めて好きになったのは、1965年、15歳の年だった。ウォーカー・ブラザーズというアメリカからイギリスに渡って成功した3人組の「涙でさようなら(Make It Easy On Yourself)」という曲がきっかけだった。イギリスのシングル・チャートでNo.1に輝いた名曲だ。

但し、ぼくは当時、この曲がバート・バカラックの作品としては認識していなかった。ただ、ひたすら良いと思っていただけだった。当時の音楽文化には深掘るという作業はほとんど無く、ラジオでもせいぜい全米や全英のシングル・チャートでNo.1になったと情報を伝えるくらいだった。ちなみにプロデューサーがウォール・オブ・サウンドの生みの親、フィル・スペクターだったと知るのもしばらくしてからのことだ。

次にバカラック作品にはまったのは18歳1968年のことだ。アレサ・フランクリンの「小さな願い(I Say A Little Prayer)」を聴いた時だ。その頃のぼくは、いっぱしの不良少年で毎日のように夜の街に繰り出し、一夜の恋を重ねていた。それは人生からの逃避行であり、独りになると自己嫌悪の嵐に常に襲われていた。そんな時、「小さな願い」は心の救いとなる曲となった。

その頃には家を出てアルバムを買うくらいの余裕があったので、米軍のPXで「小さな願い」が収められた『アレサ・ナウ(Aretha Now)』をすぐに購入した。「小さな願い」はその前年、ディオンヌ・ワーウィックのヒットとして知っていたが、ぼくにはアレサ・フランクリンの ヴァージョンの方が好みだったと今は思う。

バート・バカラックの名曲の数々
次のページ
ハル・デヴィッドが作詞を担当...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

岩田由記夫
岩田由記夫

岩田由記夫

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。7月16日発売の8月号では、夏の食の風物詩「う…