MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
国分寺にまるでおとぎの国のような『ローズカフェ』|イングリッシュガーデンローズカフェ(喫茶店/国分寺)

国分寺にまるでおとぎの国のような『ローズカフェ』|イングリッシュガーデンローズカフェ(喫茶店/国分寺)

 国分寺駅を出て緩やかな坂道を下り、今度は住宅街の中の坂道を登る。数分も歩くと目の前にピンクや赤や薄紫といった何百という薔薇が咲き誇る、まるでおとぎの国のような『ローズカフェ』が現れる。

perm_media 《画像ギャラリー》国分寺にまるでおとぎの国のような『ローズカフェ』|イングリッシュガーデンローズカフェ(喫茶店/国分寺)の画像をチェック! navigate_next

イングリッシュガーデンローズカフェ(最寄駅:国分寺駅)

咲き誇る薔薇庭園は魔法が詰まった空間

「ハワイのオーシャンビューのような風景を薔薇でできないかと思ったのがきっかけです。元々薔薇は好きだったのですが、エレガントな品種を中心に薔薇を栽培し、5年かけて特性を見極めてから、15年前にレイアウトして造ったのが、このガーデンです」と、店主である石坂俊一さん。そして今では敷地内だけで300~400種、500本近い薔薇が咲き誇っているだけでなく、店の近隣にも石坂さんが植えた薔薇が150本ほど咲いており、一帯がバラ園化している。壮観だ。

6月中旬に咲いているのは2番薔薇と呼ばれる、今咲いている花が一度散り、改めて咲くものとのこと。また薔薇は通年ではなく、夏はユリ、冬は日本スイセンやクリスマスローズなど様々な花が咲き、1年を通じて愉しめるようになっている。ただ、これだけの花である。「水やりや消毒など、手入れは毎日2時間くらいかかります。でも、皆さんに楽しんでもらうためですから」と、その労力は苦でもないと笑う。

さて、同じように注力しているのが「薔薇の香りの邪魔にならないよう、でも味わい深く美味しく食べてもらえるような味を揃えています」と、10数種揃う紅茶や、パスタにカレーなど30種近い食事メニューである。なかでも「イングリッシュローズティー」(490円)は、石坂さん自身がブレンドした自信作だ。 癒しと優雅さと美味。このおとぎの国は訪れるものを幸福にする、魔法の国でもあったのだ。

レギュラーコーヒー
390円

室内からももちろん薔薇が愉しめる。「イングリッシュローズティー」(490円)は自慢の一杯。他に「レギュラーコーヒー」(390円)、「アラビアータ」(980円・セット1180円)など

イングリッシュガーデンローズカフェ

東京都国分寺市南町2-3-23 [TEL]042-304-2887 [営業時間]11時~17時(16時半LO)※ランチタイム有   [休日]木 [席]テラス60席、テーブル席50席 計110席/全席禁煙/カード不可/予約可/サなし [交通アクセス]JR中央線他国分寺駅南口から徒歩8分、駐車場あり

電話番号 042-304-2887
2017年7月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
番外編として、話題の焼き麺専門店が提供するナポリタンも。モッチモチの麺と濃厚なトマトソース。
隣の老舗喫茶の『さぼうる』の横で営業する、食事も味わえる店がこの『さぼうる2』。まずはその盛り付けの巨大さを見よ!
築地市場駅から朝日新聞本社の表玄関から裏へ通り抜けると、新館(築地浜離宮ビル)が見えてくる。新聞社や市場で働く築地の人々に40年間、愛され続けている老舗で、開店時から変わらぬ味のナポリタンはファンも多い。
喫茶店で欠かせないフードメニューといえば、トーストやサンドなどのパンもの。朝はもちろん、昼でも、店によっては夜でも食べられる”がっつり系”をご紹介!
プリンアラモードやパフェ、オムライスにハンバーグ……昭和を感じさせる昔ながらの喫茶店でありながら、美味しい食事も多彩とあって、何を楽しむか迷ってしまう。が、ここに来たら、やっぱりこれ、ナポリタン!
最新記事
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。細野晴臣の第2回も、「YMO以前」の状況がつづられます。美術家・横尾忠則の要望で、オール・キーボードのアルバムを制作することになり……。
ドイツの年末の風物詩が横浜で楽しめます。クリスマスまであと1カ月。恒例行事となった横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケット『Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫』(11月26日~12月25日)が始まります。12回目となる2021年は「ギフト」をテーマとして、日本初上陸のグッズ販売に加えスノードームの手作り体験やファーストクラスの機内食の出店など、普段はなかなか体験できない、思い出に残るスペシャルな催しが盛りだくさんです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル