MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
国分寺にまるでおとぎの国のような『ローズカフェ』|イングリッシュガーデンローズカフェ(喫茶店/国分寺)

国分寺にまるでおとぎの国のような『ローズカフェ』|イングリッシュガーデンローズカフェ(喫茶店/国分寺)

 国分寺駅を出て緩やかな坂道を下り、今度は住宅街の中の坂道を登る。数分も歩くと目の前にピンクや赤や薄紫といった何百という薔薇が咲き誇る、まるでおとぎの国のような『ローズカフェ』が現れる。

perm_media 《画像ギャラリー》国分寺にまるでおとぎの国のような『ローズカフェ』|イングリッシュガーデンローズカフェ(喫茶店/国分寺)の画像をチェック! navigate_next

イングリッシュガーデンローズカフェ(最寄駅:国分寺駅)

咲き誇る薔薇庭園は魔法が詰まった空間

「ハワイのオーシャンビューのような風景を薔薇でできないかと思ったのがきっかけです。元々薔薇は好きだったのですが、エレガントな品種を中心に薔薇を栽培し、5年かけて特性を見極めてから、15年前にレイアウトして造ったのが、このガーデンです」と、店主である石坂俊一さん。そして今では敷地内だけで300~400種、500本近い薔薇が咲き誇っているだけでなく、店の近隣にも石坂さんが植えた薔薇が150本ほど咲いており、一帯がバラ園化している。壮観だ。

6月中旬に咲いているのは2番薔薇と呼ばれる、今咲いている花が一度散り、改めて咲くものとのこと。また薔薇は通年ではなく、夏はユリ、冬は日本スイセンやクリスマスローズなど様々な花が咲き、1年を通じて愉しめるようになっている。ただ、これだけの花である。「水やりや消毒など、手入れは毎日2時間くらいかかります。でも、皆さんに楽しんでもらうためですから」と、その労力は苦でもないと笑う。

さて、同じように注力しているのが「薔薇の香りの邪魔にならないよう、でも味わい深く美味しく食べてもらえるような味を揃えています」と、10数種揃う紅茶や、パスタにカレーなど30種近い食事メニューである。なかでも「イングリッシュローズティー」(490円)は、石坂さん自身がブレンドした自信作だ。 癒しと優雅さと美味。このおとぎの国は訪れるものを幸福にする、魔法の国でもあったのだ。

レギュラーコーヒー
390円

室内からももちろん薔薇が愉しめる。「イングリッシュローズティー」(490円)は自慢の一杯。他に「レギュラーコーヒー」(390円)、「アラビアータ」(980円・セット1180円)など

イングリッシュガーデンローズカフェ

東京都国分寺市南町2-3-23 [TEL]042-304-2887 [営業時間]11時~17時(16時半LO)※ランチタイム有   [休日]木 [席]テラス60席、テーブル席50席 計110席/全席禁煙/カード不可/予約可/サなし [交通アクセス]JR中央線他国分寺駅南口から徒歩8分、駐車場あり

電話番号 042-304-2887
2017年7月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
使い込まれたカウンター。40~50回は出かけたという海外旅行で購入したお土産などが所狭しと飾られ、JBLのスピーカーから心地いい音圧でジャズが流れる。
誕生したのは日本。食べられるのはイタリア料理店ではなく、喫茶店。しかし頬張ればたちまちイタリアンな気分になれる魔法の美味“ナポリタン”の傑作集だ!
今、エモいと言われている純喫茶。そんな昭和を感じられる場所で食べられるこれまたエモいスイーツをご紹介します。(※各店舗の情報は掲載時のものです。新型コロナウィルス感染拡大の影響で営業時間などが異なる場合があります)
城下町である松本は喫茶店やカフェが多いことで知られている。特に人気があるのが女鳥羽川沿いにある珈琲まるも。
大人がワクワク、ドキドキする冒険基地としてリニューアルした「阪急メンズ東京」。それを象徴するひとつが7階のヴィンテージ&リバイバルフロア。
最新記事
白砂糖、合成甘味料、保存料、添加物を一切使用しないチーズケーキ専門店。様々なフレーバーのチーズケーキが揃うが、まず味わってほしいのが「ドライフルーツ レアチーズケーキ」。
美味満載の発酵食品は、知識がなくとも普通に旨い。でもその効果や働きを少しでも知れば、虜になるほど興味津々になること間違いなしです!
福井県の「鯖街道」で「飲食店が少ない」ことで嘆いていた町が、サバジェンヌ曰く「日本でいちばんホットな『サバ名所』」にまで成長! そこで食べられる絶品のサバグルメをジェンヌが食べまくり。熱量たっぷりのレポートです!!
品書きには白飯が進む中華のおかずがズラリ。その中に店名を冠したラーメンを発見した。
福井名物の和菓子といえば「羽二重餅」。その銘菓をどら焼きに挟んだ「羽二重どら焼」が人気だと聞いて食べてみました。“ふっくら”していて“もちもち”の食感。「和菓子通からも長年愛されてきた」という理由が頷ける美味しさです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル