MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
国分寺にまるでおとぎの国のような『ローズカフェ』|イングリッシュガーデンローズカフェ(喫茶店/国分寺)

国分寺にまるでおとぎの国のような『ローズカフェ』|イングリッシュガーデンローズカフェ(喫茶店/国分寺)

 国分寺駅を出て緩やかな坂道を下り、今度は住宅街の中の坂道を登る。数分も歩くと目の前にピンクや赤や薄紫といった何百という薔薇が咲き誇る、まるでおとぎの国のような『ローズカフェ』が現れる。

イングリッシュガーデンローズカフェ(最寄駅:国分寺駅)

咲き誇る薔薇庭園は魔法が詰まった空間

「ハワイのオーシャンビューのような風景を薔薇でできないかと思ったのがきっかけです。元々薔薇は好きだったのですが、エレガントな品種を中心に薔薇を栽培し、5年かけて特性を見極めてから、15年前にレイアウトして造ったのが、このガーデンです」と、店主である石坂俊一さん。そして今では敷地内だけで300~400種、500本近い薔薇が咲き誇っているだけでなく、店の近隣にも石坂さんが植えた薔薇が150本ほど咲いており、一帯がバラ園化している。壮観だ。

6月中旬に咲いているのは2番薔薇と呼ばれる、今咲いている花が一度散り、改めて咲くものとのこと。また薔薇は通年ではなく、夏はユリ、冬は日本スイセンやクリスマスローズなど様々な花が咲き、1年を通じて愉しめるようになっている。ただ、これだけの花である。「水やりや消毒など、手入れは毎日2時間くらいかかります。でも、皆さんに楽しんでもらうためですから」と、その労力は苦でもないと笑う。

さて、同じように注力しているのが「薔薇の香りの邪魔にならないよう、でも味わい深く美味しく食べてもらえるような味を揃えています」と、10数種揃う紅茶や、パスタにカレーなど30種近い食事メニューである。なかでも「イングリッシュローズティー」(490円)は、石坂さん自身がブレンドした自信作だ。 癒しと優雅さと美味。このおとぎの国は訪れるものを幸福にする、魔法の国でもあったのだ。

レギュラーコーヒー
390円

室内からももちろん薔薇が愉しめる。「イングリッシュローズティー」(490円)は自慢の一杯。他に「レギュラーコーヒー」(390円)、「アラビアータ」(980円・セット1180円)など

イングリッシュガーデンローズカフェ

東京都国分寺市南町2-3-23 [TEL]042-304-2887 [営業時間]11時~17時(16時半LO)※ランチタイム有   [休日]木 [席]テラス60席、テーブル席50席 計110席/全席禁煙/カード不可/予約可/サなし [交通アクセス]JR中央線他国分寺駅南口から徒歩8分、駐車場あり

電話番号 042-304-2887
2017年7月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ソフトクリームには、静岡県産の本山茶の玉露をほうじて粉末状にし、練り込んでいる。そのため、ほうじ茶の香ばしさが生きている。
作り手から直接買い付けた紅茶に特化し、紅茶の普及に貢献してきた「ジークレフ」。だからこそ「他にはない紅茶スイーツを提案したい」と、喫茶オープン時から新メニューの開発に取り組んできた。
名古屋最大の繁華街といえば、栄。しかし、このエリア外にだって美味しい店はある。 それが今回紹介する『膳処 桂川』である。 北区黒川で12年間居酒屋を経営していた桂川真一さんが、昨年4月にオープンさせたお店だ。
愛知県の豊橋に降り立ったのは1978年のこと。 撮影の目的は飯田線です。このころの飯田線は魅力的で、国鉄各線で使われていた古い車両がまだ走り続けていました。 当時はいろいろな車両が走る飯田線で頭がいっぱいで、豊橋駅付近の、鉄道以外の魅力に気づきませんでした。 たとえば豊橋カレーうどん、そしてブラックサンダーです……。
納豆が書物に登場したのが平安中期のこと。一説には弥生時代にはすでに食べられていたとも言われている。
水切り、混ぜる、刻む。 1台3役の調理器具、「Toffy 3WAY サラダスピナー」が便利でいいというハナシを聞いて……。 自粛中ということもあり、ネットでポチっと購入。 さっそくいろいろな料理に使ってみました。
“恵み”を意味する『ALMA』では、東北六県の魚介類や野菜の仕入れにこだわり、各地の魚屋や農家と密に連携し毎日の食材を取り揃えている。写真の自家製の平打ちパスタにごろっと入るのは、もちろん六県各地の漁港から集まった新鮮なムール貝、ホタテ、サザエにツブ貝たち。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt