MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
東京都内、カレーが美味しい喫茶店!おすすめ4選!

東京都内、カレーが美味しい喫茶店!おすすめ4選!

美味しいのは珈琲、紅茶だけではありません。カレーの美味しい喫茶店を白山、狛江、駒込、竹橋で見つけました!

カレーの美味しい喫茶店を池袋、神保町、赤羽、築地で見つけました!

喫茶おとらのカレー [白山]

香りが多重にふくらむ紅茶と料理のマッチング

 ゆったりと流れるBGM に耳を傾けながら味わえるのは、インド産のダージリンやスリランカ産のディンブラ、中国産のキームンなど、季節によって現地の茶園も指定して取り揃えたテロワールを感じさせる紅茶だ。店主の夏目さんは紅茶の茶葉輸入会社から転身し、10年前にこの店をオープンした。フードメニューはすべて紅茶との相性をふまえたラインナップ。ショウガとクミンの風味を利かせ、サラリとした口当たりのカレーは、紅茶と出合うことでお互いの香りをさらに高め合う。上質な紅茶と料理のマッチングを、ゆったりとした心地良い空間でしみじみ堪能できる1軒だ。

ひき肉とひよこ豆のカレー 876円

写真:紅茶の風味を損なわぬよう、辛さはマイルド。クミンとショウガの香りが際立つひと皿だ。どちらもランチタイム(平日は11時半~14時、土日祝は12時~14時半)にはドリンクとセットで1030円で味わえる 

写真:印象的なうさぎの装飾が施された建具はトイレの扉に使用している。他にも古い蔵戸をリフォームした大テーブルなど、アンティークのインテリアにも注目したい

[その他のメニュー]ダージリン773円、アッサム670円、ディンブラ670円、季節のフレーバーティー670円、今週のケークサレプレート(平日のみ)824円、ハムとチーズのサンドウィッチ515円、スコーン412円、シナモントースト361円など

写真:喫茶おとらの店内

[住所]東京都文京区向丘1-9-18 [TEL]03-3815-7288 [営業時間]9時~20時(19時半LO)※ランチタイム有   [休日]不定休 [席]カウンター5席、テーブル10席 計15席/全席禁煙/予約は時間によって応相談/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]都営地下鉄三田線白山駅A3出口から徒歩3分

お店から一言
茶葉の販売もしています
店主夏目大輔さん

茶々のカレー [狛江]

地元野菜で作るコーヒーを美味しくするカレー

 元スナックを自分好みのレトロ感ある内装に改装し、オープンさせたのは17年前。喫茶店ではあるが、料理も充実しており、食堂的に使う人も少なくないという。そんな食目当ての人に評判なのが、カレーライスだ。店周辺で収穫される狛江の野菜を主に使い、注文が入ってからスパイスと合わせ仕上げていく。野菜の味わいや食感がほどよく、スパイスの香りと刺激も鮮烈で、心地よい余韻を残す。「うちのコーヒーは深煎り中心で、まろやかな味わい。そのまろやかさをより感じてもらいたくて」(店主・鶴見さん)。この最高の組み合わせ、喫茶店だからこそ実現した三ツ星の味なのだ。

地鶏と野菜のカレーライス 1000円

写真:カレーに使われる肉は鶏、豚、牛など日ごとに変わる。野菜は旬のものを10種近く使い、その内容に合わせて10数種のスパイスを調合。それらをスープやトマトなどと炒め煮にして仕上げていく。サラダとスープが付き、ランチ時は+200円でコーヒーも

写真:コーヒー 400円
豆は「堀口珈琲」のものをその日の分だけ購入し、使用する。取材日はタンザニアのフレンチローストで、柔らかな苦味と軽やかな酸味が美味。スイーツも鶴見さんの手作り

[酒]ビール小瓶500円 焼酎100ml500円 ワインなし 日本酒100ml500円 [その他のメニュー]昼和麺800円(内容は日によって異なる) 夜つぶあんバターのホットサンド600円、マッシュルームと野菜の卵丼950円、焼油揚の納豆醤油500円、カマンベールのソテー ハチミツがけ550円など

写真:茶々の店内

[住所]東京都狛江市東和泉2-3-13 2階 [TEL]03-3480-0534 [営業時間]12時~22時(ランチは14時まで)※ランチタイム有   [休日]月、第1日 [席]カウンター7席、テーブル7席 計14席/全席禁煙/予約応相談/カード不可/サなし [交通アクセス]小田急狛江駅南口から徒歩5分

お店から一言
コーヒーだけ、食事だけでも大丈夫ですよ
店主鶴見謙治さん

喫茶すぎのカレー [駒込]

トロ~リ半熟玉子をのせたキレのある辛さのドライカレー

 現店主の祖父母が創業し、今年で49年目を迎えた地元で愛される老舗だ。メニューには、ナポリタン、ピラフ、ハンバーグなど、昔ながらの喫茶店グルメが並び、ホッとできる家庭的な味わいが魅力的。イチオシが写真のドライカレー。挽き肉を使ったキーマカレー風で、玉ネギやニンジンの甘みのなかにも、後からシャープな辛さがやってきて舌を刺激! 食後はモカをベースに、5種類の豆を独自にブレンドしたコーヒーを愉しみたい。まろやかな酸味と深いコクが舌を優しく包んでくれる。

ドライカレー 750円

写真:スパイスの香りが複雑に絡まり合い食欲を刺激。アイスティーは熱い紅茶をシェーカーで氷と共にシェイクし、まろやかな口当たりを生んでいる

写真:すぎオリジナルブレンド 450円
深いコクと苦み、そして軽やかな酸味のバランスが絶妙な1杯

[酒]ビール生450円、小瓶550円〜 焼酎グラス500円、ボトルなし ワイングラス600円、ボトル2800円〜 日本酒なし [その他のメニュー]マンデリンG1氷温熟成珈琲600円、すぎオリジナルブレンド紅茶450円、昔ながらのナポリタン750円、ビーフハヤシライス750円、懐かしのソース焼きそば750円、かに雑炊750円など

写真:喫茶すぎの店内

[住所]東京都豊島区駒込1-40-5 [TEL]03-3942-8610 [営業時間]11時半~21時 ※ランチタイム有   [休日]日・祝 [席]テーブル20席/全席喫煙可/予約不可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか駒込駅南口から徒歩2分

お店から一言
アルコールやおつまみも揃えてます
店主伊藤龍馬さん

喫茶 プペのカレー [竹橋]

朝7時から食べられる手間ひまかけた欧風カレー

 昭和45年の創業当時にホテルのシェフから直伝され、今も変わらぬ味を守り続けているのがコチラの逸品。上質なラードと小麦粉を半日かけてじっくり炒めたルウをベースに、飴色玉ネギや大量のリンゴとニンジンのピューレを加えて、これまた半日かけて煮込んでいる。手間ひまかけたその味は、奥深いコク、ほろ苦さ、フルーティーな甘さのバランスがまさに絶妙! 3年連続で「神田カレーグランプリ」に出場した経歴はダテじゃない。朝7時の開店から提供し、朝カレーを求めてやって来る客も多い。

プペ特製カレー 850円

写真:ランチ(11時~14時)はサラダ&ドリンク付き。それ以外は+150円でドリンクがセットに

写真:アイス珈琲 380円
グアテマラ、エチオピア、ブラジルの3種類をオリジナルブレンド。シャープですっきりとした苦みを感じられる

[酒]ビール中瓶500円 焼酎なし ワインなし 日本酒なし [その他のメニュー]オムライス950円、伝統のチキンライス850円、ミラネーズスパゲッティ850円(すべてランチタイムはサラダ&ドリンク付き)、ロイヤル•ミルクティ500円、珈琲フロート600円など

写真:喫茶 プペの店内

[住所]東京都千代田区神田錦町3-13-11 [TEL]03-3295-9746 [営業時間]7時~17時LO、土11時~13時45分LO ※ランチタイム有   [休日]日・祝 [席]1階25席、2階26席 計51席/全席喫煙可/予約応相談/カード不可/サなし [交通アクセス]地下鉄東西線竹橋駅3b出口から徒歩5分

お店から一言
スパゲッティやピラフもご用意!
店主原直樹さん

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
どんなジャンルであれ商売の世界では、お客様へどれほどの満足と感動をお届けできるかが大事。そしてその世界に到達するには、掛け値なしの日々の努力が肝要だ。そんな 「真の感動」をもたらす取り組み方について語る、人気対談企画の第2回目。今回は四川料理人の菰田欣也さんと、高級化粧品会社の代表・小林章一さんが、熱く共鳴し合いました。
1215views まとめ記事
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。
博多・天神エリアを中心に、ご当地の名物グルメを知り尽くした現地調査員たちが、本当に旨いお店を厳選!中でも特におすすめしたい情報だけをまとめました。地元の人はもちろん、出張で訪れた際にも、ぜひ参考にしてください!
寒くなると食べたくなる料理の代表といえば「お鍋」!お肉、魚介類、たっぷりの野菜を、各店オリジナルのこだわり出汁でいただけば、至福の時間が訪れること間違いなし!今回はグルメライターが実食して見つけたおすすめ店を、厳選してご紹介していきます。
21234views まとめ記事
グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩き調査したデカ盛り情報を厳選してご紹介!もちろん量が多いだけではなく、美味しさもお墨付き!定番のラーメン・焼肉・定食から、オリジナリティ溢れる料理まで、魅力的なメニューが続々登場します♪
近隣の住民やビジネスマンが足繁く通う人気洋食店。メニューの豊富さと味へのこだわりが、その理由だ。例えば、このポークトマト。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。
最初に向かったのは大子町の『藤田観光りんご園』。ここには金賞を受賞した名物アップルパイがある。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt