MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
吉祥寺ハーモニカ横丁で嗜む江戸前寿司|片口(寿司/吉祥寺)

吉祥寺ハーモニカ横丁で嗜む江戸前寿司|片口(寿司/吉祥寺)

おや、こんなところにと目を引く、モダンなオープンカウンターの江戸前寿司屋。気軽に一貫から頼める握りは、厚切りのネタが豪快にシャリを覆う。

perm_media 《画像ギャラリー》吉祥寺ハーモニカ横丁で嗜む江戸前寿司|片口(寿司/吉祥寺)の画像をチェック! navigate_next

片口(最寄駅:吉祥寺駅)

腹ペコもちょい飲みもお気に召すまま横丁で嗜む江戸前寿司

「みんなハシゴ酒のシメでうちに来るから、腹いっぱいで寿司を食べてくれないんだ。一軒目に来てよ!」と笑うのは、この道40年の大将・金野さん。ネタケースにはお造りでも楽しめる鮮魚が端正に並び、この日は岩牡蠣やサザエ、北海道産のあん肝など、選りすぐりの食材もずらり。これらの豊富なつまみで純米吟醸を一杯やれば、なるほど、なかなか寿司までたどりつけませんっ。

本日の「旬」にぎり
2700円

寿司をしっかりと食べたい日におすすめの、お値打ちセット。この日は金目鯛、シマアジ、中トロ、ウニ、赤貝などの上ネタが12貫。鉄火やかんぴょうなどの巻物(270円~)を追加で頼むのも◎。「李白」、「まんさくの花」といった全国の銘酒も充実

お造り三点盛
1080円

みずみずしいインドマグロの赤身とホタテ、イサキ。刺身は単品(734円)や「食べ比べ二種」(950円)でも注文可

片口

[住所]東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-1 [TEL]0422-21-3066 [営業時間]17時~24時(23時LO)、土・日・祝15時~24時(23時LO) [休日]無休 [席]カウンター10席、座敷10席 計20席/喫煙可/予約可/カード不可/お通し代324円別 [交通アクセス]JR中央線ほか吉祥寺駅北口から徒歩3分

電話番号 0422-21-3066
2017年8号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
持ち帰り専門の「ちよだ鮨」が手がけている立ち喰い寿司屋で、握りたての新鮮な生ウニや活貝、江戸前の各種ネタをお手頃価格で味わえる。シャリは精米したての米を使用し、店内で炊き上げている。
地元・神奈川県の小田原や、全国各地の漁港からの直送ネタにこだわる。すし酢は酒粕だけの濃いめの赤酢と、米酢入りの赤酢の2種を混ぜたものを使用し、シャリへの色付きをあえて控えめに作っているのだとか。
この道55年、銀座で修業を重ねたのちに自らの店を構えて42年。店主の野崎さんが握る寿司は、ほんのり甘めのシャリに自ら豊洲で仕入れた新鮮なネタがのる。
昭和元年に屋台から始まった老舗で、現在は3代目の主人がカウンターに立つ。ヒラメやボタンエビなど地元で水揚げされたばかりの地物をふんだんに揃えており、握りやちらしで味わえる。
流線型に整えられた、美しい姿に惚れ惚れするような握りだ。六本木の名店で腕を磨いた店主・下津さん。
最新記事
ゲンコツと背ガラ、豚足で炊く豚骨100%のスープは、近年稀に見るこってり度。どろりと濃厚、あえてざらつきを残してワイルドに仕立てているが、豚骨臭は皆無で驚くほどクセがない。
スープと同じくラーメンの味を左右する麺。自家製麺の店も増えているが、今回は業界を代表する 3つの製麺所に注目。『おとなの週末』ライター肥田木が取材しました。それぞれの麺作りの姿勢は……いやあ、こうも奥深いものとは。感動を呼ぶ(?)麺物語。今回は浅草開化楼!
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
油揚げは、刻んでお味噌汁に入れたり、柔らかく煮たあとにすし飯を入れてお稲荷さんにしたり……。そんなイメージがありますが、ステーキのように焼く食べ方で熱い支持を得ている油揚げが北陸にあります。「谷口屋の、おあげ」のことです。
こちらは渋谷の人気店『鬼そば 藤谷』が手掛ける甲殻類ラーメンの専門店。看板は、2019年10月に行われたNYラーメンコンテストで優勝を果たした「ロブスター味噌らぁ麺」。
get_app
ダウンロードする
キャンセル