MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
撮り鉄の「食」の思い出(21) 春近く、秋田でハイテクローカル線とサクラマス三昧!/2018年

撮り鉄の「食」の思い出(21) 春近く、秋田でハイテクローカル線とサクラマス三昧!/2018年

秋田県の鉄道の話題のひとつに「アキュム」があります。 架線のないローカル線を走る車両ですが、駅などで充電をして走る電車です。 このアキュム撮影後、スーパーで買ったサクラマスを堪能しました……。

春近く、秋田でハイテクローカル線とサクラマス三昧!/2018年


前回(第20回)に訪れた秋田新幹線ではものすごい雪でしたが、秋田の海沿いまで来ると、雪の状態は少し落ち着いていました。

今回の目的は、秋田県男鹿半島の男鹿線に最近走り始めた新型車両の「アキュム」です。


男鹿線は非電化で通常ディーゼルカーが走っています。

この「アキュム」は架線のいらない電車です。

電化区間を走るときや、駅に作られた装置で電気を受け取り、架線のないところもモーターで走ります。

同じ方式で走る車両は、栃木県の烏山線の「アキュム」、福岡県の筑豊本線(若松線)を走る「デンチャ」があります。




[非電化の男鹿線に従来から走っているディーゼルカー。バックの山は寒風山]

[男鹿駅の前には“なまはげ”の像もある]

[男鹿駅に停車するアキュム。架線がなくてもモーターで走れる]

[男鹿駅停車中、ちょっとだけある架線から電気をもらい充電。充電が終わるとパンタグラフが下がる]



パンタグラフを下げて、モーター音を響かせて走る電車。

理屈ではわかっていても、なにか不思議な感じです。


旬の走りのサクラマスを入手し、一気に3品のサクラマス三昧!


この日も撮影を完了して山形方面に向かいます。

途中のスーパーで見つけたのは「サクラマス」。

川の魚「ヤマメ」が海に下って帰ってきた魚です。

ちょっと見た目は、やや小さめのシャケです。

[小さめのシャケのようなサクラマス。半額!]


サクラマスは春が旬の魚で、スーパーにも「サクラマス入荷!!」と大きく書いています。

どうやら今年の漁が始まって間もないようで、旬の走りのようです。

その上半額。

売り場に書いてあるオススメ料理は「にら鱒」、素焼きに茹でたニラを添えるものです。

[サクラマスの皮目を見ると、きれいな魚です]


さっそく購入。

もちろん、ニラその他も購入です。


今日も、夜になって料理開始。

さて、結構量があるし、今晩は3品に挑戦です。

まずは、売り場にも書いてあった「ニラ鱒」。

ただ、車の中で素焼きは難しいので、アルミホイル(厚手で焦げ付かないタイプ)上で焼きます。


2品目は「煮付け」。

酒、しょうゆ、砂糖で味付けして煮付けます。

こちらもアルミホイル上にセットします。

[アルミホイル上に煮付けの準備(撮影用に身を上にしてあります)]


さらに、もやしとニラ、ネギの上にサクラマスを置いて、味噌をかけてホイル焼。

そうです! 

「サクラマスのちゃんちゃん焼」です。

[サクラマスのちゃんちゃん焼、準備完了!]


フライパンに準備した3つを並べて、一気に料理です。

[3品同時料理。左がちゃんちゃん焼、奥が煮付け、右が焼き物]


『必殺! 車中まとめフライパン調理』で、あっという間に完成!


ニラ鱒は、鱒の本来の味がわかります。

シンプルならではの美味しさです。

[ニラ鱒。ちょっと皮がとれました……]




ニラ鱒は、鱒の本来の味がわかります。

シンプルならではの美味しさです。

[煮付け。いい感じです!]


煮付けは、身がぎゅっと締まって、よりうまみが凝縮された味です。

[ちゃんちゃん焼もふっくら完成!]


ちゃんちゃん焼はふっくらとして優しい味になりました。

どの料理も、ニラがとてもよく合います。


さらに、残ったちゃんちゃん焼の身とタレを使って、サクラマスチャーハンを作りました。

[ふっくらチャーハンもついでに作る]


これも美味しく、一晩でサクラマス半身完食でした。

翌日は、サクラマスが獲れた日本海を見ながら、撮影を続けました。



[日本海を眺めて走る羽越本線]




これから春に向けて、サクラマスは旬を迎えます。

また、旬のときにも食べたい食材でした。


今回の「ニラ鱒」、帰って調べてみると、山形県庄内地方の郷土料理でした。

次は、本拠地でも食べてみたいです。





佐々倉実(ささくら みのる)
 鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”。初めて鉄道写真を撮った小学生のころから約50年。鉄道カメラマンなのに、列車に乗ると走るシーンを撮影しにくいので、撮影の8割はクルマで移動。そんなワケで1年のかなりの期間をクルマで生活しています。ちなみに、鉄道の他に“ひつじ”の写真もライフワークで撮影中、ときどきおいしいひつじの話も出てきます。



 主な著作に「富士鉄」(講談社)「新幹線ぴあ」(ぴあMOOK)「鉄道ムービー入門」(玄光社)「ひつじがすき」(山と溪谷社)など多数、映像集に「感動の美景鉄道」(MAXAM)「日本の新幹線・特急」(シンフォレスト)など、担当番組に「素晴らしき日本・鉄道の旅」(BS-TBS)など

このグルメ記事のライター
佐々倉実@まとメシ

鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、お付き合いください。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
愛知県の豊橋に降り立ったのは1978年のこと。 撮影の目的は飯田線です。このころの飯田線は魅力的で、国鉄各線で使われていた古い車両がまだ走り続けていました。 当時はいろいろな車両が走る飯田線で頭がいっぱいで、豊橋駅付近の、鉄道以外の魅力に気づきませんでした。 たとえば豊橋カレーうどん、そしてブラックサンダーです……。
今回、訪れた鹿児島でのミッションは「鹿児島市電の全形式を撮影する」でした。 これが、なかなか厳しい! 鹿児島市電の場合は15種類もあります。 早朝から線路脇で通勤電車撮影作戦から始まり……。 どうにかミッションをクリアしたあとは、桜島で美味しいものの名産を探しに出かけてみました!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
近年、富山観光がクローズアップされたのは、なんといっても2015年の北陸新幹線金沢延伸のとき。東京駅から富山駅までは、最速2時間8分。  ということで今回は、東京から身近になった富山県の昆布締めのお話です。 「富山の人は、魚でも野菜でも、なんでも昆布締めにするから」というお話しをもとに、いろいろ調べてみました……。
初夏が近づいてくると行きたくなるのが富山県の鉄道です。 地元では「地鉄(ちてつ)」と呼ばれている富山地方鉄道。 沿線の風景も美しくて、平野を走る区間では立山連峰を眺めて走り、山に分け入れば渓谷も見ることができる観光鉄道でもあります……。
近隣の住民やビジネスマンが足繁く通う人気洋食店。メニューの豊富さと味へのこだわりが、その理由だ。例えば、このポークトマト。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。
最初に向かったのは大子町の『藤田観光りんご園』。ここには金賞を受賞した名物アップルパイがある。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt