SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

猛暑に食べたいスタミナ食といえば、焼肉やうなぎを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。醤油ベースの甘辛だれの焦げた香ばしい風味と脂の旨みとの一体感が、食欲をかき立てます。焼肉風味でうなぎを食べたらどうなるのか、料理人ライターがちょっとジャンクな”うなスタ丼”を作ってみました。高級食品「うなぎ」を特製ニンニクダレの”うなスタ丼”で味わう”背徳グルメ”です。

今も昔もうなぎはスタミナ食

「土用の丑の日」の「土用」は、”季節の節目”を意味するという立春、立夏、立秋、立冬が訪れる前のおよそ18日間を指します。「丑の日」は、十二支の丑を指し、かつて日付(時間や方角など)を表すのに十二支をあてはめて数えていたことに由来しています。

うなぎは、古くから栄養価が高く精のつく食べものとして知られており、「土用の丑の日」にうなぎを食べる風習が広まったのは、江戸時代からのようです。

2023年の夏の「土用の丑の日」は7月30日の日曜日なので、自宅でうなぎを食べるとき、もっとスタミナを感じられるようにアレンジするのも楽しいのではないかと、力がみなぎりそうな”スタミナどんぶり”と、外食ではとりずらい野菜を補い、うなぎ1尾をみんなで食べられるようなメニューをご紹介します。

”うなスタ丼~がっつりニンニクとバターの背徳グルメ~

見た目以上に”ニンニク”のパンチが効いています ニンニクは一片のままつぶしたり厚めにスライスなどしてオイルで火を入れると、香りがマイルドになります

おろしニンニクたっぷりの”禁断のタレ”が香ばしいうなぎとごはんに絡み、かき込みたくなる一品。仕上げの粗びきこしょうはワイルドに。炙ったうなぎの上でバターが溶けた瞬間がたまりません!おろしにんにくのパンチ力とうなぎの相性に興奮しながら完食しました。熱々をぜひ、かきこんでみてください。

【材料】うなぎ一尾、冷凍インゲン、赤ピーマン各適量
(A)めんつゆ、みりん各大さじ4、酒大さじ1、おろしニンニク2片分、生姜スライス3枚、唐辛子(お好み)
【工程】タレを作る→うなぎを温める→付け合わせ野菜を炒めてたれを煮詰める→盛り付け
【作り方】
(1)フライパンにうなぎの厚さ1/2程度が浸る水を入れ、蓋をして弱火の蒸し焼きにする。両面に(A)を合わせたタレをハケで塗り焦げ目を軽くつけ、食べやすい大きさにカットする。
(2)フライパンで冷凍インゲンと細切り赤ピーマンを炒め軽く塩をする。タレと水大さじ2を加え好みの濃さまで煮詰める。
(3)ごはんを盛り、野菜とうなぎを盛り付け特製タレをかける。粗びき黒こしょうを多めにふり、バターを乗せて完成。お好みで(市販の)うなぎのタレをごはんにかける。
”うなスタ丼”の作り方
うなぎはレンジなどで温め、ごはんにのせてからタレをかけるだけでもおいしいです
次のページ
美容にも嬉しい野菜をたっぷり...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

大島あずさ
大島あずさ

大島あずさ

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…