SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

今、「ビタミンD」は世界的なトレンド! 米国では、ビタミンDのサプリメントの売れ行きが目覚ましく伸びています。

しかし、日本ではまだあまり注目されていません。ビタミンDの働きとは? どんな食べ物に含まれている? と聞かれると、案外答えられないかも……。

実際、日本では成人の約8割がビタミンD不足であることが判明。2020年版の「日本人の食事摂取基準」では、ビタミンDの摂取量が大幅に引き上げられ、1日5.5マイクログラム(摂取量)から8.5マイクログラム(目安量)になりました。

なぜ、世界的にビタミンDが注目されているのでしょう? その理由をチェックすると、感染症やメンタル対策、花粉症ケアなど、今の時代に欠かせないビタミンDの働きが見えてきます。

文/藤岡操(フードコーディネーター・栄養士)、メイン写真/bit24-Stock.Adobe.com

ビタミンDが注目される理由【1】感染症予防&免疫の暴走を防ぐ!

近年の研究で、ビタミンDによって結核やインフルエンザなどの感染症を予防、重篤化を回避する働きが認められています。また、免疫の暴走を調整する作用、がんや花粉症との関係も解明されつつあります。

新型コロナウィルスとビタミンDの関係についての研究も多数行われており、「国際オーソモレキュラー医学会ニュース」(https://isom-japan.org/)では、ビタミンDを強化した人の重症化率、死亡率が低くなったという結果も複数報告されています。

実験時の条件差などがあるため、まだ確かとは言えませんが、予防や重症を防ぐためにビタミンDを強化し、血中ビタミンD濃度を高くすることを推奨する論文も出ています。

ビタミンDが注目される理由【2】コロナ禍でビタミンD不足が加速!

魚介類などの食物に含まれるビタミンDだが、体内で合成するためには日光浴も必須。まさにコロナ禍の今日らしい課題だ(Ekaterina-Kapranova-Stock.Adobe.com)

ビタミンDは食事で摂るほか、紫外線を浴びることにより体内で合成されます。ビタミンDは主に魚介に含まれているため、肉食が増えた今の時代においては、食事からの摂取量が減少。さらに、コロナ禍で通勤や外出の機会が減り、紫外線を浴びる時間も激減。おまけに日本はUV大国。日焼け止めを塗る人が多く、紫外線をカットし続けた影響でビタミンD不足が加速傾向にあります。

日本人の約8割がビタミンD不足と言われていますが、実際はもっと多いのかもしれません……。

次のページ
ビタミンDが注目される理由【3】ストレス...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...