SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

戻りがつお、さんまなど、秋は魚が美味しい季節。脂ののった旬の魚は刺身で食べたいですよね。ここで気になるのがアニサキス。最近、アニサキスが原因で激しい腹痛に襲われたといった人のニュースなどが流れ、不安に思っている人も多いと思います。

厚生労働省「食中毒統計資料」でも秋は特にアニサキスによる食中毒が多くなる季節で、10月は1年でもっとも発生件数が多い月となっています。

アニサキスに怯えつつでは、旬の魚の美味しさも半減してしまいますよね……。しかし、アニサキスのことを正しく理解して、対処法を知れば、不安な気持ちが払しょくできるはずです。今回は、アニサキスを正しく恐れるための基礎知識をご紹介します。

文/田村順子(フードライター)、写真/写真AC

酢でも醤油でも死滅しない厄介な寄生虫「アニサキス」とは?

先の厚生労働省「食中毒統計資料」のデータによると、アニサキスが原因で発生する食中毒は全体の食中毒の約40%を占めていることがわかっています。

アニサキスとは、白く半透明でサイズは2~3cmほどの寄生虫です。さば、さんま、あじ、かつお、ぶり、鮭、いか、たらなどのほか、オキアミを餌にしている魚や、いかを餌にしている魚に寄生しています。

魚種によって差はありますが、水揚げした魚のサンプル調査によると、アニサキスが寄生している魚の割合はかなり高いことが明らかになっています。ただし、そのほとんどは内臓に寄生していて、お刺身にする身の部分からアニサキスが検出される割合は低いことがわかっています。つまり、お刺身のすべてにアニサキスが寄生しているというわけではないということです。

魚が生きている間は、内臓に寄生していますが、死んでしまうと内臓から筋肉内に移動することがあります。そのため、安心してお刺身を食べるためには釣った直後に内臓を取り除くことが必要です。

残念ながら、酢漬け、塩漬け、醤油、わさびでアニサキスは死滅しません。実際、しめさばが原因のアニサキスも発生しています。

しめさばは酢でしめているので安心と勘違いしている人は意外と多い。残念ながら、アニサキスは酢で死滅させられないのだ

アニサキスを食べてしまってもほとんどの人は無症状!?

実は、アニサキスを食べてしまっても必ず激しい腹痛や嘔吐に襲われると限りません。アニサキスは通常は体内に入るとそのまま排せつされてしまうため、96~97%の人はごく軽い症状か、無症状ですんでしまいます。つまり、家族全員がアニサキスの寄生していたお刺身を食べたとき、あなただけが激しい腹痛に襲われ、ほかの家族はケロリとしているなんてことは決して珍しいことではないのです。

一般的に食事後、数時間~10数時間後にみぞおち付近に激しい痛みを感じたり、吐き気や嘔吐が生じたり、発熱や頻脈などの症状がみられます。 稀に、数日後に症状が出る場合もあります。

激しい腹痛で七転八倒する原因は、胃粘膜に噛みついた物理的な刺激ではなくアニサキスが分泌する物質のアレルギーによる刺激だと言われています。アニサキスが胃壁にとどまり症状が出るものを「胃アニサキス症」と呼ばれ、胃カメラによってアニサキスを取り除くとすぐに激しい症状は収まります。

いっぽう、腸壁にとどまり症状が出るものは「腸アニサキス症」と呼ばれます。こちらは、内服薬を用いた治療となります。症状は、胃アニサキス症とほぼ同じです。

次のページ
今は無症状でも……怖いアニサキスアレルギ...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...