SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

ちょっと動いただけで汗だく。冷たい飲み物をカブ飲みしてお腹はタプタプ。食欲はなくなって、冷たい麺のオンパレード。連日の熱帯夜でエアコンを付けたり消したりで眠りは浅く、疲れは溜まる一方……。

こんな夏バテの泥沼に陥っているなら、まずは食事の改善から。夏バテに効く食べ物といえば、ウナギ、豚肉、レバー、ニンニクなどが思い浮かびますが、食欲が落ちているときに、これらを食べ続けるは正直しんどいですよね。何より偏った食事は逆効果。バランスよく色々な食べ物を取り入れることも大切です。

そこで、夏バテ対策をパワーアップさせるべく、夏バテに効く意外な食べ物をご紹介。
日々の食事に取り入れて、夏バテを賢く撃退しましょう。

文/藤岡操(フードコーディネーター・栄養士)、写真/Adobe Stock

【1】熱中症対策に有効! 「みそ汁」

暑~い夏にみそ汁? と思うかもしれないが夏バテを乗り切る成分が豊富。冷や汁で食べれば夏にも最適(Photo/sasazawa-Stock-Adobe.com)

「夏にみそ汁?」と思われるかもしれませんが、一杯のみそ汁が熱中症対策に有効。汗で失われるナトリウム、カリウム、マグネシウムなどが豊富に含まれ、さらに味噌やだし汁には心身をリラックスさせる働きもあります。

味噌には、発酵の過程で生まれるメラノイジンという強力な抗酸化成分が含まれています。また、味噌に含まれる遊離リノール酸には、シミの元になるメラニンの合成を抑制する働きも! 夏バテ対策はもちろん、美肌づくりも期待できるのです。

◆食べ方のコツ

「夏に熱いみそ汁はしんどい……」という場合は、『冷や汁』でもOK。タンパク源に豚肉や豆腐、ショウガやすりごまなどを加えるのがおすすめです。

【2】疲れの原因や隠れ貧血対策にも! 「サバ缶」

常備しておくと助かるサバ缶は夏バテの疲労回復にも効果的(Photo/karin-Stock.Adobe.com)

サバ缶には、ココロとカラダの健康に欠かせないタンパク質、ビタミンB群が多く含まれています。不足しがちな鉄も豊富で、疲れの原因のひとつであり、男性にも多い“隠れ貧血”の対策にも有効です。

また、現代人の多くが不足しているオメガ3もたっぷり! オメガ3は強力な抗酸化作用で、炎症を抑制し、血流を改善。その結果、筋肉疲労や眼精疲労の改善にも役立ちます。自律神経のバランスを整える働きもあるので、ストレス対策にも力を発揮します。

◆食べ方のコツ

軽く汁気をきったサバ缶とキムチ、大葉などをごはんにのっけて少しポン酢をかければ、火も包丁も使わず、手軽なビビンバの完成! 暑い日にもぴったり。キムチの発酵パワーは腸のケアにも役立ちます。

次のページ
【3】抗疲労成分が豊富! 「鶏ムネ肉」...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...