SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

昭和の味をもとめ、約1ヶ月に渡る調査を続けた『おとなの週末』ライター陣が集結。菜々山、肥田木、松田、井島が、心に響いた昭和の味を語ります。そして、編集部スタッフによる思い出の味もご紹介。懐かしんでもらえれば幸いです。

昭和な店は行ける間に早く行くべし!

松「今回の取材を通して思ったんだけど、私にとっての昭和の味は、いい意味での“素朴”。華美ではなく当たり前においしい、何事も過ぎない、ちょうどいい味ってことなんじゃないかな、と思ったの」

菜「さすが松田姐さん、のっけからいいこと言う。私が担当した洋食もまさにそれ。おいしさの中に、どこか子供の頃に食べた味が見え隠れしてて、何度胸がキュンッてなったことか」

肥「じゃあ、いく子ちゃんがいちばん胸キュンした店は?」

菜「選べない、全部の店でキュンキュンしてた(笑)。それは味だけじゃなく、映画のセットさながらの店の雰囲気とか、今じゃなかなかお目にかかれないレトロな食器とかにもね。でもあえて挙げるなら『三岩食堂』かなあ。懐かしい食堂の味ってところもそうだけど、調理の過程を見ていたら、一つひとつの仕事がものすごく丁寧だしフライパンだってピッカピカに磨かれてた。そんな真面目な姿勢だからこそ、店が長く続くんだな、と」

『三岩(さんいわ)食堂』オムライス 850円 大きめにカットした具材の玉ねぎは食感を生むと共に甘みも広がる。漬物付きなのがうれしい

井「それは勉強になるね」

菜「でしょ!来月から心を入れ替えて真摯に仕事に取り組もうと思ったもん。それと言わせて!過去最高レベルに取材拒否のオンパレードだったの。恵比寿の『H』でしょ、駒込の『K』でしょ……、もう何軒断られたことか。どこも“年取っちゃったから忙しくなると体力がもたないよ”ってな理由がほとんど。昭和の味は、これからどんどん少なくなっちゃうかもしれないね」

井「それよそれ!私は喫茶店を担当したんだけど、今回取材したお店でも今年の年末で閉店すると聞いてびっくりした。推しは推せるときに推せじゃないけど、行こうと思っている店は、いつかではなく、今すぐ早く行かないと!」

肥「そうでもないかもよ。私は大衆酒場を担当したんだけど、次世代が元気に店を継いでるところもあった。それが『だるま』。初代亡き後、その娘の姉妹が店を守っているんだけど、常連さんのことをさりげなく気遣ったり、愛あるツッコミを入れたり、おじさまたち、皆うれしそうでデレデレ(笑)。いや私もデレデレ。姉妹の華やかで気取りない雰囲気がいやらしくなくて、かっこいいんだよね。それに、『NAKANOブリック』よ!」

『だるま』カウンターとテーブル席がある店は新旧の客で賑わう。料理を弁当にして持って帰る常連さんもいるとか

菜「少し前に閉店しちゃったよね。好きだったのに残念」

肥「それがなんと前店主から経営を引き継いで再出発したんだよ!」

菜「マジで!?それはビッグニュースだわ」

肥「かつての常連さんも『どんな形でも再開してくれたことがうれしい』と通ってくれてるみたいで前店主の娘さんもとても喜んでいるとか。やっぱ昭和の大衆酒場の魅力は、昔懐かしい味はもちろんだけど、やっぱり人!!人情!!」

松「うう、なんだか心に響くわ〜。今度のおと週女子会は大衆酒場で決まりね」

肥「あ、なら『北畔』もおすすめ。え、待って、私タイムスリップした?てな感じの昭和の店で、賑やかな上野の街にこんな店が残っていることがもう奇跡。季節ごとの名物がある料理もしみじみおいしくて、女将さんも超絶素敵。寒くなったら東北から届く白子と鱈を使った冬の名物・津軽雪鍋をみんなで食べに行こうよ」

『北畔』(奥)ゆかり揚げ 930円 (手前)酒の盆・みちのく小鉢6種 1750円 煮浸しや切り込みなど酒の盆はアテに最高。創業から続くゆかり揚げはエビ真丈に大葉を巻いて揚げたもの

菜「鍋をつつきながら女将さんが燗をつけてくれたお酒をクイッとね。そそられるわ〜」

肥「相変わらず、おっさんみたいなこと言うね(笑)」

あくまでプリンが主役 プリン・ア・ラ・モード

松「酒場の話で盛り上がっているとこだけど、私にも語らせて」

肥「松田姐さんは何の担当?」

松「プリン・ア・ラ・モードよ」

菜「それは品のある昭和の色気をまとった姐さんにぴったりのお題で(笑)」

松「うふふ。でも最初に昭和の味とは華美ではなく……、って言っちゃったけど、プリン・ア・ラ・モードはちょっと贅沢なスイーツよね。だって主役(プリン)だけでも成立するのにそこにフルーツどっさり、生クリームにアイスクリームまで。まさにご馳走よね」

井「やっぱりプリンは昔ながらの固め派?」

松「それが理想よね。今回取材した『パーラーオレンジ』、『喫茶ニット』、2軒とも、至極真っ当な昭和的おいしいプリンを味わえる店よ。特に『パーラーオレンジ』なんて約1時間半かけて低温で焼き上げるから、その手間が尊いの!それにプリン・ア・ラ・モードって、意外とバランスが難しくて、生クリームやフルーツがプリンを超えて主張してはいけないのです。全体的にバランスよくまとまった味わいでなければ!(力説)」

『喫茶 ニット』ニット特製 プリンアラモード 980円、ミルクティー 520円 オーブンが故障したためプリンが作れず一時中断したが、3年前に見事復活

ブームが過ぎ去っても残ってほしい昭和遺産

菜「な、なるほど」

井「それなら私も言わせて!今回の取材で特に記憶に残った味が『CIVITAS(シビタス)』のホットケーキ。最近は甘さ控えめの傾向が強いし、それもいいと思うけど、この店は生地自体が甘くて味が濃かった。シロップをかけなくても十分おいしいの。土日は、トイレに行く暇も、お昼ご飯を食べる暇もないほどホットケーキを焼き続けてるんだって。ホント大変だと思うけど、無理せずこの先もずっとこの味を守ってもらいたい」

『CIVITAS(シビタス)』スタンダードホットケーキ 700円/市美多寿ブレンド 570円 表面はサクッとした焼き上がり

松「にしても、何でこんなに昭和に惹かれるのかしらね?」

菜「今じゃ昔ながらの喫茶店にZ世代もこぞってやってくるしね」

肥「なんていうか、昭和って今も愛されるいろいろな味や商品が誕生した時期でもあって、時代に勢いがあった。そんな活気や熱量の名残りが令和の今でも人を惹きつけるのかもね」

井「今のレトロブームは、そのうち過ぎ去るかもしれないけど、“本物の昭和”ができるだけ多く、長く残っていてほしいと、この時代に生まれた私たちとしては願うばかりだよね」

次のページ
編集部スタッフの「思い出の昭和の味」...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…