SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

サバの第1次ブームは、刺身をはじめ、「生」を食べさせることに重きを置かれていました。その後、健康効果からか女性を中心に注目を集めた「サバ缶」が多彩に進化。それを機に、飲食店でもアレンジメニューが増加中です。専門店も増え、新たな局面を迎えたサバ料理を紹介します。

豊富なサバのおばんざいと銘酒に酔いしれる『酒庵 鯖・番・彩(さばんざい)』@池袋

戦後の闇市から残る横丁・栄町通りに今年2月オープン。宮城県石巻のブランドサバ「金華さば」などを使用した約20種類もの「サバのおばんざい」を堪能できる。そして、うれしいのは約40種類の日本酒飲み放題。しかも「澤屋まつもと」「上川大雪」など「これが飲み放題!?」という驚愕の品揃え。心ゆくまで、サバと銘酒のペアリングを楽しみたい。

鯖アボのり巻き 800円、鯖のから揚げ 800円、鯖ワサ 500円

『酒庵 鯖・番・彩(さばんざい)』(奥)鯖アボのり巻き 800円、(真ん中)鯖のから揚げ 800円、(手前)鯖ワサ 500円 日本酒がグイグイ進むサバのおばんざい

白ダシをベースにした調味料に漬け込み、刻みわさびをたっぷり添えた「鯖ワサ」で鮮やかな脂のりを爽快に味わい、一献。浅〆のとろけるような〆サバと、濃厚なアボカドをガリでキリリと引き締めた「鯖アボのり巻き」で一献。ニンニクを効かせたたパンチのある「鯖のから揚げ」で一献。まさに「サバンザイ」と叫ぶしかない!

『酒庵 鯖・番・彩(さばんざい)』築80年の古民家を改装した店内は懐かしい風情

[住所]東京都豊島区東池袋1-13-1 1・2階
[電話]050-5486-2394
[営業時間]17時~23時LO
[休日]無休
[交通]JR山手線ほか池袋駅東口から徒歩3分

串焼きで、9種類の定食で、多彩な焼きサバを堪能『下北SABA食堂 佐助』 @下北沢

文化干し、みりん干し、照り焼き、塩麹焼き……。なんと全9種類もの焼きさば定食を、昼夜楽しめる「下北SABA食堂」。どれを選べばいいか悩ましい。そんなときは夜に提供される「さば串」をぜひ。充実した日本酒とともに全種食べ尽くすという、サバファンにはたまらない贅沢も可能だ。

さば串お任せ4本盛り 682円(さば醤油干し、さば西京漬け串、さばみりん干し、さば文化干し

『下北SABA食堂 佐助』さば串お任せ4本盛り 682円 (左から、さば醤油干し、さば西京漬け串、さばみりん干し、さば文化干し) 遠火の強火で旨みを閉じ込め、身はふっくら、こんがりパリッとした皮が堪能できる「さば串」。サバのおいしさを引き出すサバ専用日本酒「サバデシュ」(吉久保酒造)とともに

豊洲市場からとことん吟味して選んだサバ干物は、余分な脂を落として、香ばしく焼き上げる。穏やかなコクのある醤油干し、ふっくらした身にやさしい甘みの西京焼き、まろやかで深い旨みのみりん干し、シンプルにサバの味わいがじんわりと口の中に広がる文化干し……。焼きサバの多彩な表情を楽しみたい。ほか、さばのポテトサラダ、さば味噌グラタンなどのサバつまみも充実。

『下北SABA食堂 佐助』スタイリッシュな店内

[住所]東京都世田谷区北沢2-27-10 クルス下北沢1階
[電話]050-5600-1929
[営業時間]11時半~14時半、17時~23時
[休日]無休
[交通]京王線井の頭線ほか下北沢駅西口から徒歩3分

次のページ
混ぜて、薬味でダシをかけて。1食で3度楽しめる『さばめしの鯖...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…