×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

鮮度にこだわれば漁港が一番?そこで、友だち3人で、小田原から三崎まで、漁港のアジフライを堪能するドライブに出発!目指すは相模湾沿いをぐるっと一周。食いしん坊のボクら。今が絶好の季節、新鮮なアジのフライをあちこちで食べてみようって作戦だ。

今までのは何!と思うくらいの衝撃アジフライ

最初に到着したのは小田原の早川漁港。漁港近くの通称おさかな通りには、新鮮な魚料理を食べられるお店がいくつも並ぶ。

10時半前到着。初めはアジフライで1番人気という「食堂O」を目指したんだけど、開店前にしてすでに順番待ちリストはいっぱい。そこで、たまたま出会った近所のお姉さんに教えてもらった。「アジフライならアソコも負けずに超絶おいしいわよ」。

じゃ~ん! そこで訪れた『ふるはうす』。そのジャンボあじフライなのです。

『ふるはうす』ジャンボアジフライ定食2200円 魚はもとより生パン粉にもこだわるというアジフライは、最初はそのまま、次に醤油、そしてソースがおすすめと書かれてる。

もちろん地アジ。なんとも肉厚。ガブリとやってボクらは「えっ」て絶句した。新鮮ふわふわ、口の中いっぱいにアジの香りや旨みがあふれ出す。「う~ん、食べたことないよ、こんなアジ」。アジってそんな変わらないと思ったら大間違いと発見!

デカイだけではなく、肉厚&ふわふわで旨みが溢れ出してくる。アジってこんなうまかったのかと眼から鱗!定食につくアジのたたきやしらすごはんもとっても美味。ミックスフライも人気。

『ふるはうす』@小田原・早川港
[住所]神奈川県小田原市早川1-4-17
[営業時間]11時~16時、土・日・祝11時~18時
[休日]水、不定休あり

 ※『おとなの個室温泉 2024』絶賛発売中(画像をタップするとAmazon購入ページへ遷移します)

新鮮アジの旨みがじわーっと伝わる絶妙レアフライ

そしてお姉さんおすすめパート2が『さじるし食堂』。ここには名物の半生アジフライがある。新鮮さと絶妙な火の入れ具合がポイント。見た目も美しいし。

『さじるし食堂』半生アジフライ御前1800円 1日20食限定。切り口から絶妙にレアに火が通ったアジが旨そうに顔を覗かせる。そのやさしい口当たりと食感を生かすべくサクリと薄く衣を纏っている

サクッと薄めの衣になんとも言えない舌触りでみそダレも合う。「う~ん、上品で味わいあるね」とTくん。言うねえ。

小田原漁港で水揚げされる、アジと鮮魚を一緒に味わえる漬け丼、「さじるし海鮮丼」もおすすめ。

『さじるし食堂』@小田原・早川港
[住所]神奈川県小田原市早川1-4-10
[営業時間]11時~16時(15時半LO)
[休日]無休

アジフライと一緒に平塚鮮魚を定食で満喫!

西湘バイパスを気持ちよく走って次に着いたのは『平塚漁港の食堂』。平塚漁港にあがる地魚満載の食堂で、家族連れも多く、とても賑わっている。ここではやっぱり「漁港のよくばり膳」。アジフライの付いたやつだ。

『平塚漁港の食堂』漁港のよくばり膳1880円 。アジフライは もちろん、お刺身、焼き魚、たたきに煮付け。地元漁師が朝獲った魚を存分に楽しめる。

アジフライもさすがで味が濃かったけど、刺身、焼き魚、しらす……相模湾満喫ってのが楽しかった~。

ほかに「おまかせ刺盛膳」や「平塚漁師めし膳」などともかく相模湾の地魚満喫の定食がズラリ。いつも活気あふれる人気店!

『平塚漁港の食堂』@平塚・平塚漁港
[住所]神奈川県平塚市千石河岸51-14
[営業時間]11時~15時(14時半LO)
[休日]水、第1・3・5火

何気なくどれも地魚料理が旨い江ノ島の名店

まだまだドライブは続き、湘南は江ノ島に来たよ。昔から江ノ島沖もいいポイントらしい。昔ながらの佇まいが渋い『食堂いのうえ』。ここのアジフライ、丁寧な仕事がされていてほっこりとおいしい。

『食堂いのうえ』アジフライ定食1100円 きれいに細やかなパン粉をまといほどよく厚みのあるアジフライは抜群だ。揚げ具合もグー

アジは厚みがあって魚味が濃いし、衣は細かくてなんていうか油が軽い感じ。「なんかほっとする味」とはKくんの感想。

気取ったところのない佇まいが想像させる通り、丁寧な仕事がされた江ノ島の地魚が楽しめる。1日10食限定の海鮮ちらしや生しらすもおいしい。

『食堂いのうえ』@片瀬江ノ島・片瀬漁港
[住所]神奈川県藤沢市江の島1-7-5
[営業時間]11時~20時
[休日]不定休

モノが違う!味濃く余韻残る黄金アジフライ

ぐるっと周って最後は三崎に到着。向かったのは『湧魚』。ここでボクらは本日2度目の絶句をすることになる。

看板には「三浦の地魚・鮪・三浦野菜」。家業が漁師で店主も毎朝漁に出て、いいものを選別。で、出てくるものはどれも感動レベルかと。

扱うアジは根付きの黄金アジ。刺身でも食べたけど、ピカピカで味が濃く、それでいて脂はさらり。

『涌魚(わきな)』アジフライ時価(1000円前後)アジは三崎の根付きの中でも選りすぐりの黄金アジ。そのフライときたら!フライが少し小ぶりなのは、本日メニュー外なのを特注したゆえ

そのアジフライはと言うと「「「!!!」」」。モノが違う。何もつけずとも味濃く、軽く、それでいて余韻が残るよう。お腹いっぱいでもいけるよ、みんなで来年も絶対来たいと思いました。おしまい。

『涌魚(わきな)』@三浦・三崎港
[住所]神奈川県三浦市三崎5-19-24 大徳丸ビル2階
[営業時間]11時半~14時LO、17時半~20時LO
[休日]金、第1・3木

撮影/小島昇、取材/池田一郎

※2023年10月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

icon-gallery
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…