MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
洋食キムラ|初代の味を今に繋ぐ見た目も楽しい名物ハンバーグ(洋食/桜木町)

洋食キムラ|初代の味を今に繋ぐ見た目も楽しい名物ハンバーグ(洋食/桜木町)

銀座の洋食屋で修業した初代が昭和13年に横浜・関内で創業。貝殻型の南部鉄器で焼かれる名物ハンバーグは「日本人の口に合うように」と考案されたメニューだ。洋食キムラ[交]JR線ほか桜木町駅西口から徒歩8分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》洋食キムラ|初代の味を今に繋ぐ見た目も楽しい名物ハンバーグ(洋食/桜木町)の画像をチェック! navigate_next

洋食キムラ(最寄駅:桜木町駅)

 銀座の洋食屋で修業した初代が昭和13年に横浜・関内で創業。貝殻型の南部鉄器で焼かれる名物ハンバーグは「日本人の口に合うように」と考案されたメニューだ。特徴はタネに生パン粉と生の玉ねぎをたっぷり入れ、フワッとした食感になるよう工夫された独特の軟らかさ。スパイスが馴染むよう仮焼きしてひと晩寝かせ、提供直前に本焼きしている。隠し味に梅酒を加えた甘めのデミグラスソースは、艶やかな照りとうっとりするほど濃厚なコクがたまらない。  黒い器に黄色く映える卵は貝の中の真珠をイメージし、見た目も楽しく美しく、そして栄養価も考えた。細部まで計算された初代の思いが詰まっている。

ハンバーグセット
1320円

ふっくら柔らかいハンバーグにデミグラスソースがたっぷり。黄身を崩すとまろやかな味わいに。熱を逃しにくい鉄器なので熱々で楽しめる

カニクリームコロッケ
1790円

ズワイガニのほぐし身を使う。ホワイトソースは隠し味にカニ味噌を入れてコクを出すのがポイント。バターと牛脂を使って香り豊かに仕上げている。プチサラダとライスまたはパンが付くセット(1960円)もある

洋食キムラ

■『洋食キムラ』
[住所]神奈川県横浜市中区野毛町1-3
[TEL]045-231-8706
[営業時間]11時半~14時LO、17時~21時LO、日曜日・祝日:11時半~20時LO
[休日]月曜日(祝日の場合は営業、翌火曜日休み)
[座席]1階〜3階テーブル席、計80席/全席禁煙/コースのみ予約可/カード不可/サなし
[アクセス]JR線ほか桜木町駅西口から徒歩8分

電話番号 045-231-8706
2016年1月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
量があるけど薄くてカリッとしてるから2枚、3枚とつい手が伸びる。これにワインを合わせれば、肉の脂も揚げ物摂取の罪悪感も、おまけに日々の悩みまでスルスルと流されちゃう(かも!)。
秋田県出身のご兄弟と奥様3名で経営する温かいお店。兄と弟はそれぞれソムリエとシェフを務め、和洋のテイストを融合させた色彩豊かなメニューでおもてなししてくれる。
アフリカの濃い空気がギュッと詰まったわずか8席の小さな空間。扉を開けるとまずは陽気なリンガラ(コンゴ)ミュージックが迎えてくれる。
世界三大料理のひとつトルコ料理だが、その楽しさを知らない人は多いはず。そんな人は来ないと損だ。
1977年開業のカジュアルイタリアン。一度聞いたら忘れられない店名は、オランダにある実在の地名である。
最新記事
秋葉原のヨドバシAkibaの1階に『ハイカラ・フライドチキン』が2021年10月25日にグランドオープン。唐揚げの名店として知られる新小岩の居酒屋『からあげバル ハイカラ』が、チキンバーガー市場に参戦したのだ。どんなチキンバーガーに仕上げてきたのか!?
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
get_app
ダウンロードする
キャンセル