SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

全店実食調査!『おとなの週末』が自信を持っておすすめするお店をご紹介します。今回は、東京・日暮里のビアバー店『オケイブルワリー』です。

シュワっとゴクっと、日暮里散歩のおいしい寄り道を

クラフトビールと料理が楽しめる同店はなんとブルワリー併設。ビールはゲストビールも含め10種類ほどで、さわやかなIPAからずっしり飲み応えのあるスコッチエールまで幅広いバリエーションを揃える。

荒川区初のビール醸造所として2022年に稼働を開始したばかりだが、その味は大会で3位を獲得したビールもあるほど。そのビール「東日暮里ケルシュ」は酵母由来のフルーティさに軽やかな飲み心地で、散歩で乾いた喉をスッキリ潤してくれる。

そろそろおつまみをいただこうかとメニューを開くと「鶏レバーの生姜煮」「和山椒とマンゴーのキャロットラペ」「ラムランプのロースト」など目に飛び込んでくる魅力的な料理の数々!

WEE HEAVY 910円、東日暮里ケルシュ 800円、和山椒とマンゴーのキャロットラペ 610円、鶏レバーの生姜煮 610円

『オケイブルワリー』(奥)WEE HEAVY 910円、(真ん中右)東日暮里ケルシュ 800円、(真ん中左)和山椒とマンゴーのキャロットラペ 610円、(手前)鶏レバーの生姜煮 610円 シェフイチオシの鶏レバーはクリーミー。濃厚なコクのスコッチエールと合わせたらもう食べる手が止まらない!

作るのはフレンチ出身のシェフ。「ビールが好きな人も飲めない人も楽しんでほしい」と、フレンチのエッセンスを感じさせながらビールに合うおつまみやグリル料理、パスタなど食事系のメニューまで何を食べても想像以上の味だからうれしくなってしまう。営業は昼からとあって散歩の寄り道には最適だ。

『オケイブルワリー』

東京・日暮里『オケイブルワリー』

[住所]東京都荒川区東日暮里5-37-4
[電話]03-5615-2080
[営業時間]15時~23時(土日祝は12時~)
[休日]水
[交通]JR山手線ほか日暮里駅東口から徒歩6分

撮影/小澤晶子、取材/藤沢緑彩
※2023年5月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

icon-gallery
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…