×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

今から20数年前、ゴルフファンどころか、まったくゴルフをプレーしない人々までも夢中にさせたエッセイがあった。著者の名は、夏坂健。「自分で打つゴルフ、テレビなどで見るゴルフ、この二つだけではバランスの悪いゴルファーになる。もう一つ大事なのは“読むゴルフ”なのだ」という言葉を残した夏坂さん。その彼が円熟期を迎えた頃に著した珠玉のエッセイ『ナイス・ボギー』を復刻版としてお届けします。

夏坂健の読むゴルフ その36 プロ製造、承ります

全米くまなく「人狩り」に飛び歩く

その世界の「巨匠」ともなると、入門希望者が押し寄せて門前市をなす賑わい。権威たるや絶大と相場も決まっているが、パティ・バーグの場合、自ら「全米女子プロゴルフ協会」を設立して初代会長に就任する傍ら、試合数の少ない時代にプロとして55勝、アマ時代も含めると通算80勝! まさに女子ゴルフ界の大巨匠と呼ぶにふさわしい女傑だったが、威張るのが大嫌い。会長の椅子に座る時間も惜しんで、全米くまなく「人狩り」に飛び歩いたものである。

たとえば、のちにアイアンの切れ味では天下一品といわれたキャロル・マンの場合、全米陸上選手権に備えて柔軟体操に余念がないとき、向こうから人のよさそうな農婦タイプの中年女性が近づいてきた。

「あなたがキャロルね?」

よく陽焼けした肌、広い肩幅、見事に発達したヒップ。

「私はパティ・バーグ。仕事はプロゴルファー。新聞であなたの走る写真を見て会いに来たの」

握手した瞬間、あまりの握力の凄さにキャロルは5本の指が砕けたかと思った。

「あなたの走る姿は完璧の一語、カモシカが逃げだすほど美しく、しかも力強い。私は1時間も写真に見とれて、それから決心したの。とにかく会って30分だけ話を聞いてもらおうと」

それまで、ゴルフのクラブに触れたこともないキャロルは、彼女の話に戸惑うばかりだった。

「一つだけ信じて頂戴。ゴルフはね、最初から正しく覚えた人だけが進歩するゲーム、運動神経のすぐれた未経験者ほど短期間でモノになるのよ。いつでもいいから電話してね」

半年後、陸上競技に限界を感じたキャロルは、ためらいながらフロリダに電話する。「肝っ玉かあさん」は、受話器の向こうで明るく言った。

「荷物をまとめて、すぐにいらっしゃい。2年後にはゴルフであなたは大金持ちよ!」

サンドラ・パーマーと、ホリス・ステイシーの場合、水泳とバスケットボールの試合場で彼女から声を掛けられた。しかし、実際は「人掠い」に近い行為だったとご両人は証言する。

「多くの企業が、誕生したばかりの女子プロに注目しているわ。連中は新しいものに投資したくてウズウズしている。さあ、プロゴルファーになりましょう。私がちゃんと教えてあげる」

「でも……」

困惑する2人に、彼女はブ厚い胸を叩いて言った。

「これからご両親に会って、女子プロの未来がどれほど前途洋々か、納得いただけるまで説明するから、そのあいだに身仕度が整えられるわ。1年間はつらいと思うけど、同じ苦労でも地味なスポーツは報われることがない。その点ゴルフには花があるのよ。決して後悔させないから、私についていらっしゃい」

次のページ
人は人生1発目で間違ったスウィングに汚染される...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部 今井
おとなの週末Web編集部 今井

おとなの週末Web編集部 今井

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…