SNSで最新情報をチェック

「サロン・デュ・ショコラ」。スイーツに疎い方でもその名を耳にしたことはあるのではないでしょうか。1995年にフランス・パリで誕生したチョコレートの見本市で、東京の他に世界13都市で開催されている、世界最大級のチョコレートの祭典です。日本では現在、例年1月に三越伊勢丹で行われ、独自の進化を遂げています。ここでは、2024年1月18日(木)から開催される「〜パリ発、チョコレートの祭典〜サロン・デュ・ショコラ」の楽しみ方をお知らせします。

「サロン・デュ・ショコラ」は日本と海外で違いあり

東京では、伊勢丹新宿店にて「~パリ発、チョコレートの祭典~サロン・デュ・ショコラ(以下、サロショ)」を2003年から開催。ここでしか手に入らない海外から直輸入したショコラが並ぶことから、ショコラ好きやスイーツマニアから熱烈な支持を得ている。

日本のサロショは、他国と違って完全に独自路線なんだとか。本場・パリは5日間で、現在はBtoB向けの見本市という色合いが濃くなっていることから、シェフたちが赴くことは少ないのだそう。一方日本は開催期間が長く、2024年は約1ヶ月に渡る。テーマは、時勢やショコラ業界の流れを反映したオリジナル。かつシェフたちにとって年に一回、一堂に集う同窓会のような役割を果たしている。

M.O.F. (フランス国家最優秀職人章)を持つフィリップ・ベル氏をはじめとするトップシェフたちが「サロショ」での来日を心待ちにし、「感度の高い日本のお客さまたちの反応も気になるし、みんなに会えることがとにかく楽しみ」と口々に語っているという。

「サロン・デュ・ショコラ2024」に並ぶショコラのごく一部
「サロン・デュ・ショコラ2024」に並ぶショコラのごく一部

トップシェフの言葉からもわかる通り、日本の「サロショ」のポイントは“ショコラを通して人が集う場所”。コロナ禍を経て人と人がリアルにつながることの大切さが浮き彫りになった昨今。つながるサロンとしての役割を改めて見直し、その特長を今年はより強化したそうだ。

2024年のテーマは「Touch! 心がふれあう。世界が変わる。」とし、リアルな出会い、心の感動、SNSを通じたコミュニケーションなど、さまざまな“Touch”ポイントを用意。

「サロン・デュ・ショコラ2024」のロゴ
「サロン・デュ・ショコラ2024」のロゴ

それが先で触れたシェフたちの同窓会的空間であり、お客さんにとっては実際に会ってサインをもらえたり、イートインやデモンストレーションなどが楽しめたり。作り手とショコラとお客さんが、これまで以上に交流できるイベントを目指している

さらに、これまでの2部制から3部制に拡大し、それぞれ異なるテーマで展開する。

●Part1:「TASTE OF CACAO –広がる、楽しむ、カカオの世界–」
一般会期:2024年1月18日(木)~22日(月)※最終日は18時終了

●Part2:「THE ARTISANS –ショコラティエ、パティシエの技–」
一般会期:2024年1月27日(土)~31日(水)※最終日は18時終了

●Part3:「THE NEXT –ショコラの多様性–」
一般会期:2024年2月5日(月)~14日(水)※2月8日(木)は16時終了、14日(水)は18時終了

入場整理券が必要な日時もあるが、多くの日はフリーで入れる。ただし毎年大行列となっており、混雑時は会場の安全性を確保するために入場規制がかかることが多い

実は、SNSなどでいつもチェックはしていたものの、入場制限の投稿などを見て行くことすら諦めていたワタクシ。そうか、並んでさえいれば入れるのだと今さらながら気づいてしまった。

今年こそ、この祭典を楽しむ気満々だ!

次のページ
ショコラの可能性を広げるべく日数を大幅増加...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

市村 幸妙
市村 幸妙

市村 幸妙

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…