SNSで最新情報をチェック

年末年始は海外でのんびり過ごす人も少なくないでしょう。お隣の韓国は人気の渡航先。何度も訪れたライターが、一人旅向けにソウルでの「ぼっちメシ」を指南します。おひとり様上等!

日本よりハードルが高い!?「ソウルのぼっち飯」事情

2023年、コロナ後初めて韓国・ソウルに行った。しかも2回。で、2024年にも渡韓を控えている。目的はオタ活だが、食いしん坊の筆者は「食」を妥協するつもりは一切ない(きりっ)

しかし、韓国は、東京以上に「おひとりさまご飯」のハードルが高いのが実状だ。ここ数年はひとりで食事をしている女性もしばしば目にするようになったが、そもそもカウンター席がある店は少なく、4人掛け以上のテーブル席が中心。サムギョプサルなど、焼肉系は2人前からのオーダーが基本だ。

「なら、2人前以上、オーダーすればいいじゃん」と思うかもしれない。確かにそうなのだが、筆者はアラフィフのおばちゃん。焼肉2人前はつらい(韓国はポーションも大きいのだ)。

また、店によっては、そもそもひとり利用を断られるケースもある。残念だが仕方ない。1人でテーブル席を使われるのは、お店にとっては効率が悪い。

とはいえ、せっかくの海外、美味しいものを食べたい! そんなわけで、筆者が韓国遠征で培ってきた、ソウルぼっち飯の極意(というほど大したものではないかもしれないが)を紹介したい。

狙うはテイクアウトとキンパ専門店!

まず基本情報として、韓国は日本よりずいぶん前からペダル(配達)文化が定着している。アプリを使ってホテルに持ってきてもらうのも手。

また、多くの食堂では持ち帰りもできるので、ホテルへの帰路、気になる食堂に「テイクアウトお願いします~」と立ち寄ってみるのもいいと思う。

その際、使う韓国語については、専用のサイトや翻訳アプリで検索すると、さまざまな提案をしてくれるはずだが、参考までに、筆者は「ポジャンヘ ジュセヨ」(=包んでください)「カジゴ カルケヨ」(=持ち帰ります)と言っている。

韓国風トーストの人気店。持ち帰り部屋で食べたりもする

キンパ(韓国海苔巻き)専門店も重宝する。さまざまな街にあるチェーン店「キムガネ」「キンパ天国」は、テイクアウトはもちろん、イートインスペースも設けている。インスタントラーメンや餃子、トッポッキ、チゲ、うどん、チャーハンなど、キンパ以外のメニューも充実している。

筆者のお気に入りは、インスタントラーメンの麺をトッポッキの甘辛いソースで炒めた「ラッポッキ」。ジャンクフードの権家のようなものだが、これが予想以上に辛くてクセになる。

オタ活とオタ活の間に小腹がすいたら、地下鉄構内にある軽食屋でおでんをつまむこともある。

地下鉄構内や地下のショッピング街の軽食屋のおでんはぼっちの強力な味方。スープ(勝手にすくう)も温まる
次のページ
食堂も使い勝手◎...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

長谷川 あや
長谷川 あや

長谷川 あや

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…