×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

全店実食調査!『おとなの週末』が自信を持っておすすめするお店をご紹介します。今回は、東京・浅草のロシヤ料理『ラルース』です。

【ロシア料理】どこまでもやさしいキャベツロールは懐かしい味わい

浅草になぜか多いロシア料理。その中でもこちらの看板料理「キャベツロール」は一度食べたら忘れられない。具はたっぷりの炒め玉ねぎと国産牛の挽き肉。その旨みをキャベツに吸わせるため、煮込む、冷ますを3日間も繰り返すという。主役はキャベツだからメニュー名は「キャベツロール」。

キャベツロール 1980円、グラスワイン 880円~

『ラルース』(左)キャベツロール 1980円、(右)グラスワイン 880円~ ジョージアの赤ワインとも相性ばっちり。ランチのコース(3080円)でも単品でも食べられる

煮込む間に脂やアクを丁寧にすくうので、どこまでもきれいでやさしい。もうひとつの名物「ピロシキ」もふんわり軽い生地に特徴がある。パン生地にバターを織り込むのでパイのように空気の層ができているのだ。香味野菜と牛挽き肉たっぷり、油で揚げているのに、ウソのようにいくらでも食べられる軽やかさ。

浅草でおよそ40年、素朴なロシアの味とひたすら実直に向き合う昭和の名店だ。

『ラルース』天井にはシャンデリア、木製の扉がクラシックな雰囲気を醸し出すエントランス。創業は1983年。店名のラルースは料理百科辞典からつけられた

東京・浅草『ラルース』

[住所]東京都台東区浅草1-39-2
[電話]03-3841-3383
[営業時間]11時半~22時半(20時半LO)
[休日]火(祝の場合は翌休)
[交通]つくばエクスプレス浅草駅A1出口から徒歩7分

▶おとなの週末2024年2月号は「欲望のラーメン」

2024年2月号

撮影/貝塚隆、取材/岡本ジュン
※2023年7月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

icon-gallery
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…