SNSで最新情報をチェック

旬の食材は食べて美味しいだけではなく、栄養もたっぷり。本コーナーでは魚や野菜、果物など旬食材の魅力をご紹介します。

さて、今回のテーマとなる食材は?

文/おと週Web編集部、画像/写真AC

【今月の旬食材は?】いま1年で最も旨い食材

■クイズの答えは……

正解:たかな

難易度:★★★★☆

腸にいい!! 発酵食品です

たかなはアブラナ科アブラナ属の野菜で、からし菜の一種です。生産量が多いのは九州地区。なかでも、福岡県筑後地方や熊本県阿蘇地方の生産量が多く、特産品となっています。

とんこつラーメンのトッピング、おにぎりやチャーハンの具などでお馴染みの「高菜漬け」は日本三大漬物に数えられるほど有名な食品にもかかわらず、その原材料である生のたかなを目にしたことがある人は少ないかもしれません。

生産地周辺以外の地域では稀ですが、旬の12月~3月頃には大型総合スーパーなどで見かけることもあります。

たかなはアクが強くて生では食べにくいのですが、下茹でをしてアク抜きをすれば炒め物や煮物など、ほかの葉物野菜と同様に使うことができます。

また、ピリッとした辛味があるのもたかなの特徴です。この辛味成分はマスタードと同じアリルイソチオシアネートによるものです。炒め物などにするとこの辛味がアクセントになって美味!

漬物に使われることが多いのは肉厚な葉をもつ「大葉高菜」や「三池高菜」です。ほかにも、葉の付け根にコブがある「雲仙こぶ高菜」、「阿蘇高菜」、「長崎高菜」など、種類が多いこともたかなの特徴です。

雲仙こぶ高菜

ちなみに、子持ち高菜(つぼみ菜)と呼ばれる野菜がありますが、これは高菜という名前がつけられていますが、高菜とは別の品種で、福岡県で品種改良されて誕生した県のブランド野菜です。

子持ち高菜

たかなを使った料理で有名なのは、「めはりずし」で、和歌山県の郷土料理に認定されています。

この料理は、高菜漬けを酢につけてごはんを包んだものです。もとは、漁や山仕事の合い間に食べるお弁当として作られたもので、それが「目を張る」ほどの大きさだったため、その名がつけられたとか。

次のページ
美味しいたかなの見分け方...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…