×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

ここにきて新店続出なのが「つけ麺」。今や第3次ブームといえる勢いです。そこで、東京を中心に約1年間で開店したお店を調査すると、王道のつけ汁を自家製麺で楽しませたり、新たなアプローチで驚きを与える店も。厳選した4軒、とくとご覧あれ。

icon-gallery

『つけそば 担担麺 航龍(こうりゅう)』 @南与野 ’23年5月OPEN

ズバズバズバッ!無心で啜りたくなるつるもちの自家製麺

名店『丸長』の味を愛してやまない店主が、「丸長のれん会」の公認を勝ち取った。豚と鶏、魚介のダシを合わせたスープに甘みと辛み、酸味を効かせる伝統的な丸長スタイルは踏襲しつつも、動物の旨みを強めに効かせ、往年のファンにも、丸長を知らない若い世代にも満足してもらえる味を作り上げた

特製つけそば 1250円

『つけそば 担担麺 航龍(こうりゅう)』特製つけそば 1250円 特製には肩ロース肉2枚と味玉が追加される。チャーシューは分厚く大判で、かなりの食べ応え

つけ汁は甘みが強めで、酸味は控えめ。そこに、店で挽いた黒コショウの鮮烈な刺激や一味唐辛子などを加え、立体的にまとめ上げている。「ズバズバ食べられるのど越しのよさを意識した」という自家製麺はもちもち、つるっとした食感で、特に「つけそば」で啜り心地の威力を発揮。

店主の言葉通り、店内には、ズバズバッ、ズバズバッと麺を啜る音が絶えず響き渡っていた。

『つけそば 担担麺 航龍(こうりゅう)』

[住所]埼玉県さいたま市中央区鈴谷6-1-4
[電話]なし
[営業時間]11時~14時半、18時~20時半
[休日]火の夜、水
[交通]JR埼京線ほか南与野駅東口から徒歩10分

『本田麺業 神田』 @神田 ’23年1月OPEN

名店『ほん田』の新ブランドは麺の存在感が光る

加水率51%を超える、超多加水の極太手揉み麺のインパクトがすごい。ふわもち、ちゅるんとした独特の食感、鼻腔を駆け抜ける芳醇な小麦の香り、そして暴れ回るようなランダムな口触りと、麺を啜る度に、鮮烈な印象が舌と脳に刻まれていく。

それを受け止めるつけ汁だって負けてはいない。大山どりの鶏ガラや国産豚のゲンコツ、高級乾物を惜しげもなく使ったスープに、どっしり重厚な醤油ダレを合わせ、清湯らしからぬパンチを効かせている。

自家製手揉みつけめん 特上 1800円

『本田麺業 神田』自家製手揉みつけめん 特上 1800円 エビワンタンや鴨ロースト、味玉などがのり、つけ汁には拍子切りにした煮豚がゴロゴロ入っている

麺もスープも出色の出来映えなのだが、多彩なトッピング類も抜かりなしの旨さ。特に、低温調理後にフライパンで焼き目を付けた大山どりの炙りローストは、ジューシーな食感と濃厚な鶏の旨みが素晴らしく、かじった瞬間に笑みがこぼれる。

『本田麺業 神田』

[住所]東京都千代田区内神田3-7-8
[電話]03-3525-7075
[営業時間]11時~22時
[休日]無休
[交通]JR山手線ほか神田駅西口から徒歩1分

次のページ
『Tokyo Style Noodle ほたて日和』 @秋葉...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…