SNSで最新情報をチェック

楽天トラベル(本社・東京)は、「楽天トラベル 2023年 年間人気温泉地ランキング」を発表しました。「熱海温泉」(静岡県)と「別府温泉」(大分県)が10年連続で、1位と2位を獲得。根強い人気を誇っています。

icon-gallery

人気温泉地ランキングベスト5

ランキングは、1年間の延べ宿泊者数を温泉地ごとに集計。この人気温泉地ランキングは 2014年から始まり、10回目です。1位から5位は、次の通りです。

1位:静岡県「熱海温泉」
2位:大分県「別府温泉」
3位:栃木県「那須温泉」
4位:和歌山県「白浜温泉」
5位:群馬県「草津温泉」

昭和の高度成長期に「東京の奥座敷」として人気を集めた熱海温泉が、10年連続の1位。バブル崩壊以降の平成には団体客の減少などで衰退傾向にありましたが、近年は人気が復活しています。

楽天トラベルのニュースリリースによると、「20代~40代を中心に利用が多く、旅行者層においては男女2名利用、グループ利用などすべての構成にて前年より増え、幅広い人気を集めました。中でも子連れのファミリー利用やグループ利用が好調に伸びています」といいます。

静岡県「熱海温泉」の「熱海海上花火大会」

別府温泉は、10年連続の2位でした。「2023年には大規模宿泊施設の増室や開業もあり、注目を集めています。利用年代別では、前年より継続して30代以下の旅行者が好調に伸びています」(楽天トラベルのニュースリリース)

大分県「別府温泉」の街並み

那須温泉は、前年に引き続き3位にランクインしました。

栃木県「那須温泉」の「鹿の湯」

「楽天トラベルガイド」(https://travel.rakuten.co.jp/mytrip/ranking/onsen/)では、トップ20を紹介しています。

■「楽天トラベル 2023年 年間人気温泉地ランキング」の概要
「楽天トラベル」は楽天グループ株式会社が運営する旅行予約サービス。
集計日:2024年1月4日
集計方法:楽天トラベルに登録している全国の温泉地を対象に、2023年1月1日から12月31日までの旅行者の人泊数(=宿泊人数×泊数/デイユースも含む)を温泉地ごとに集計

icon-gallery
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…