SNSで最新情報をチェック

チョコレートの奥深さをじっくり堪能するなら、専門ショップが供するスイーツやコース、ドリンク類がおすすめ。注目の新店から、最高のロケーションに癒し系まで、厳選してご紹介!

『BENOIT NIHANT GINZA(ブノワ・ニワン ギンザ)』 @銀座駅

ブノワ氏の思いを凝縮させた至高のパフェ

エンジニア出身という異色の経歴を持つブノワ・ニアン氏。テロワールの違いにこだわり、最も大切にしているのがカカオの香りだ。ギリギリまで温度を下げるカカオ豆の低温焙炒やすりつぶす際に石臼を使うのも、製造中に香りが逃げないよう考え抜かれた方法だという。

2023年9月に日本初進出した銀座の店にはカフェが併設され、限定のパフェが登場。

ショコラパフェセット(コーヒー・紅茶付き) 4378円

『BENOIT NIHANT GINZA(ブノワ・ニワン ギンザ)』ショコラパフェセット(コーヒー・紅茶付き) 4378円 丸いチョコレートは地球をイメージ。パフェは季節限定のものが登場することも

ブノワ氏の代表フレーバーであるマヤンレッドを使ったアイスクリームの爽やかな甘さと、カカオパルプソルベの独特の酸味と苦み、濃厚なキャラメルムースの香ばしく濃厚な甘みが重なっていくハーモニーは感動の連続。

しかも、ブノワ氏がセレクトした紅茶やコーヒーをお代わりできるフリードリンク付き。存分に贅沢で優雅な時間を楽しみたい。

『BENOIT NIHANT GINZA(ブノワ・ニワン ギンザ)』銀座四丁目交差点からすぐ

[住所]東京都中央区銀座4-6-18 ギンザアクトビル1階・地下1階
[電話]03-5579-5820
[営業時間]11時~21時(パフェは予約制、12時~)
[休日]無休
[交通]地下鉄銀座線ほかA8出口から徒歩1分

『Minimal The Specialty 麻布台ヒルズ』 @神谷町駅

チョコレートの無限の可能性を五感で受け止める

2023年11月にオープンした『ミニマル』初のレストラン業態。

「この店のコンセプトは日本人によるチョコレートの再構築。日本古来のどぶろくや日本酒を合わせたコースを通して、チョコレートのストーリーを楽しんでいただきたいです」とは、代表取締役の山下さん。

コースは、カカオの果肉であるカカオパルプのドリンクからスタート。カカオ豆、カカオマス、チョコレートという順番でビーントゥーバーを体感し、産地別のガナッシュではカカオの香りの違いに驚かされる

Minimal カカオ・チョコレートのコース Sense of Wonder 7700円

『Minimal The Specialty 麻布台ヒルズ』Minimal カカオ・チョコレートのコース Sense of Wonder 7700円の一品 とおの屋『要』のどぶろくの豊潤な風味がカカオパルプの酸味と合う

そして、カカオパルプのソルベに合わせるのがどぶろく。芳醇な香りとフルーティーな酸味が溶け合って悶絶!

ガトーショコラには、『新政酒造』のNo.6エックスタイプが注がれる。お酒のエレガントな甘みと香りが重なることで、ガトーショコラに新たな味わいが生まれるのだ。

このコースにはミニマル各店の名物が集められていて、創業10周年の集大成の一面も。決して安くはないが、満足感は想像以上だ。

『Minimal The Specialty 麻布台ヒルズ』ガラス張りの路面店

[住所]東京都港区虎ノ門5-8-1 麻布台ヒルズ ガーデンプラザA 2階
[電話]050-1809-0420
[営業時間]11時~19時
[休日]無休
[交通]地下鉄日比谷線神谷町駅5番出口から徒歩3分

『VANILLABEANS THE ROASTERY(バニラビーンズ ザ ロースタリー)』 @みなとみらい駅

ハーバービューとチョコスイーツでゆったり旅気分

横浜を中心に展開する『バニラビーンズ』の中で、ここ横浜ハンマーヘッドの店舗はみなとみらいの海景色を眺めながら、リラックスできるのが魅力だ。工房が併設され、毎週水・土曜開催のミニファクトリーツアーや自分だけの板チョコが作れる「タブラボ」も人気。

また、ここに来たらぜひ食べたいのが、みなとみらいのサンセットからインスピレーションを受けたパフェ。

バニラビーンズ パルフェ ザ ロースタリー 1980円(14~18時の提供、限定5食)

『VANILLABEANS THE ROASTERY(バニラビーンズ ザ ロースタリー)』バニラビーンズ パルフェ ザ ロースタリー 1980円(14~18時の提供、限定5食) 最初はビターで下に向かって甘みが増す味わいの流れも見事

トップにのったガーナ産カカオのチョコレートアイスはビターな味わいで、ドライオレンジをかじった苦みやサクサクの食感が絶妙なアクセントに。さらに、チョコクリームやキャラメルナッツのアイスなどまろやかな甘みが続くが、ブラッドオレンジのどろりとしたジュレの爽やかな締めくくりが最高!

ここだけの体験が盛りだくさんなので、ぜひ時間に余裕をもって訪れたい。

『VANILLABEANS THE ROASTERY(バニラビーンズ ザ ロースタリー)』広々とした店内&テラス席もある

[住所]神奈川県横浜市中区新港2-14-1 横浜ハンマーヘッド2階
[電話]045-323-9007
[営業時間]11時~20時(19時LO)※物販は土・日・祝10時~
[休日]無休(施設に準ずる)
[交通]みなとみらい線みなとみらい駅中央改札口から徒歩15分

『CACAO broma(カカオブローマ)』 @白金台駅

丁寧に手をかけたやさしい味わいに身も心も癒やされる

華やかでフルーティーな風味が広がるチョコレートドリンク。ずっしりくる甘みが一切なく、スーッと体になじんでいくようなすがすがしい飲み心地なのだ。これを作り上げたのは、現役の薬剤師でもある店主の名古屋茜さん。

「体にいいといわれる黒糖の中でもとくにミネラルが豊富な沖縄の西平黒糖を使っています。72時間練り続けることで乳化剤を使わなくてもなめらかな舌触りのチョコレートになるんです」。

メインで使っているフェアトレードの南インド産カカオ豆の爽やかな酸味と、黒糖の相性もぴったり!

チョコレートドリンク 900円

『CACAO broma(カカオブローマ)』チョコレートドリンク 900円 注文を受けてからチョコレートを溶かして作る

焼菓子のブラウニーもグルテンフリーの米粉を用い、オーガニックシュガーやきび糖で甘みをプラス。しっとりなめらかな生地にたっぷり入ったクルミのザクザクとした食感も美味。おいしくて体にいいなんて、うれしい限り。

『CACAO broma(カカオブローマ)』本店は名古屋さんが東日本大震災で関わった岩手県陸前高田にあり、2022年12月にここをオープン

[住所]東京都港区白金台5-18-1 プラチナy2ビル1階
[電話]03-6450-4877
[営業時間]10時半~18時半、土10時~18時半、日・祝10時~18時
[休日]無休
[交通]地下鉄南北線白金台駅1番出口から徒歩3分

撮影/西崎進也(BENOIT NIHANT GINZA、Minimal The Specialty)、鵜澤昭彦(VANILLABEANS THE ROASTERY)、貝塚隆(CACAO broma)、取材/井島加恵

2024年2月号

※2024年2月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

icon-gallery
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…