MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
中華街で人気!『渡り蟹の炒め』が旨い「興昌」(横浜/中華料理)

中華街で人気!『渡り蟹の炒め』が旨い「興昌」(横浜/中華料理)

おとなの週末「中華街の「エビ・カニ」大調査」特集掲載店舗。一番人気は、ニンニクを効かせたソースで渡りガニを炒めた「渡り蟹の炒め」。

興昌(最寄り駅:石川町駅)

一番人気は、ニンニクを効かせたソースで渡りガニを炒めた「渡り蟹の炒め」。身を食べ終えたら、ゴマ油とたまり醤油を垂らした細麺(1玉378円)を投入し、しっかり混ぜ込む。カニの旨みがたっぷりのソースに麺が絡み、得も言われぬ美味しさだ。カニ1人前につき、麺の注文は2玉まで。

渡り蟹の炒め
2700円

興昌

■『興昌』
[住所]神奈川県横浜市中区山下町139 關帝廟通り
[TEL]045-681-1293
[営業時間]12時~14時、17時~20時50分、土曜日・日曜日・祝日:12時~20時50分
[休日]水曜日
[アクセス]JR根岸線石川町駅

電話番号 045-681-1293
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ここでは何をさておいてもまずコレ、見事な焼き色、ボリュミーな姿にそそられる通称“ジャンボ餃子”だ。本店は1949年創業の老舗だが、そこで当時から変わらない手作りで半世紀以上愛されてきた味。
山東省出身の現店主の祖父が店を開いたのが、1949年のこと。夜のメニューは、フカヒレやアワビなどの高級食材を使った一品から点心類まで幅広い。
東急世田谷線・三軒茶屋駅の程近く、ここだけ昭和にタイムスリップしたかのように佇む。1973年の創業ながら、入口の食品サンプルまで手入れが行き届き、店主夫妻の実直な人柄が伺える。
やって来ました横浜中華街。数多の選択肢がひしめく中で、悩んだらいつも入ってしまうのがこの店。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
スパイシーなんだけどそれだけじゃない。エビならエビ、マトンキーマならマトンの風味がしっかり広がり、サクサクとスプーンが進む。
極太で真っ黒な見た目がインパクト大! 北海道で最も人口が少ない街、音威子府村で今からおよそ90年も前から親しまれてきた、なんとも荒々しい風情の蕎麦だ。
なんと今回は、牛乳です。 ある日、三鷹のパン屋さんで『パン好きの牛乳』という200mlのパック牛乳を発見し、ハマってしまった次第。 ほかにも。美味しい牛乳があった気が……、ということで吉祥寺のスペシャルな牛乳をご紹介したいと思います。
江戸時代から同じ場所で五代続く店のばらちらし。醤油をささずにすみ、時間が経ってもしっとり酢の頃合いがよいままなので、かつて料亭や置屋があった頃から芸者や商いのお客に好まれたという。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル