×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

日本人の元気の源、おにぎり。たっぷりの具を包んだその包容力のあるおいしさは、どこか懐かしい気持ちになるもの。米、塩、海苔、具、握り方……作り手のこだわりもぎゅっと詰まってる。夜はお酒の〆やお供に、酒肴を減らしても食べたい魅惑の逸品!おいしい幸せ、探してきました。

『ろばた結』 @新宿

全制覇したくなる贅沢な炭火焼きおにぎり

イクラに鰻にシラスだとぉ?何このスペシャル感。焼きおにぎりだけで定番+日替わりの計7種もあるとは居酒屋では初体験。いや専門店でも珍しいかも。

人気の「月見」は卵黄がとろ~んと濃厚。定番「醤油バター」は炭でじゅっとバターを溶かしてくれる演出に大歓声、欲望を煽る芳醇な香りにメロメロ……ニクいよ、もう。

月見焼きおにぎり 580円、いくらの焼きおにぎり 880円、醤油バター焼きおにぎり 530円、しらす焼きおにぎり 580円、うなぎ焼きおにぎり 880円

『ろばた結』(手前から時計回りに)月見焼きおにぎり 580円、いくらの焼きおにぎり 880円、醤油バター焼きおにぎり 530円、しらす焼きおにぎり 580円、うなぎ焼きおにぎり 880円 見た目もきれいにバランスよく盛り付ける「月見」は箸でつまめるほど新鮮な卵黄を使う。仕上げに振りかけるトリュフオイルとブラックペッパーが好相性。釜揚げの「しらす」と「うなぎ」はその日のメニュー

映え狙いだけじゃないのは食べればわかる。米は特Aランクの北海道産「ななつぼし」、備長炭でこんがり焼けば表面カリカリ中ホコホコ。これ目当てに来るお客さんもいるとか。

看板のろばた焼きも見逃せない。生産者とのご縁を大事にする産地直送の魚や野菜類などその旨さたるや。元気な接客も美味の隠し味です。

『ろばた結』

[住所]東京都新宿区西新宿1-4-11 宝ビル1階
[電話]03-6279-4360
[営業時間]17時~翌1時(24時LO)、※土・日・祝は16時~
[休日]不定休
[交通]JR山手線ほか新宿駅西口などから徒歩5分

『夜山太郎』 @雑司ヶ谷

手巻き握りで一献が酒好きのツボを押しまくる!

温かい白米の上に具がたっぷり、海苔の端をきゅっとつまんでハイどうぞ。おお、こうきたか!

おにぎり&とん汁の行列店が夜限定で新たな挑戦。いろんな具を食べたいけどおにぎりだといくつも食べられないとの要望に応え、「具は濃いめの味付けだから酒のつまみに合うのでは?」とご覧の「手巻き握り」を考えたとか。

手巻き握り(うなクリ 580円、すじこ×鮭 580円、麻薬たまご 330円)

『夜山太郎』手巻き握り(左から:うなクリ 580円、すじこ×鮭 580円、麻薬たまご 330円) 「麻薬たまご」は韓国風の漬け卵。ピリ辛でヤミツキになる。米はその年の出来で配合を変えている

ご飯の多め・少なめ、具の2種・3種盛りもオールOK。上の具だけちびちびやって酒グビリ、適度な頃合いで全部パクリも楽しいし、もちろん具だけの注文もよし。呑兵衛の心をわかってらっしゃるぅ。

お酒好きの“夜女将”を中心に「その具の組み合わせいいね」なんて客同士の和やかな感じもいい。日本酒は限定物も日々お目見えするから通いたくなる!

『夜山太郎』
次のページ
『米のこじま』 @高円寺...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…