SNSで最新情報をチェック

全店実食調査!『おとなの週末』が自信を持っておすすめするお店をご紹介します。今回は、埼玉県鶴瀬の蕎麦店『手打蕎麦 ぐらの』です。

東京からほど近い蕎麦の里で味わう土地の蕎麦

優秀な蕎麦産地として、多くの蕎麦店主から熱い眼差しを受けている埼玉県・三芳町。ここでは90年代から突如として蕎麦の栽培が始まった。とある農家が在来の蕎麦を育て始め、試行錯誤を繰り返して旨いと言われるまでになったのだ。

『手打蕎麦 ぐらの』三芳在来の蕎麦の実。見るからに粒が大きい

『ぐらの』はその三芳町からすぐの場所にある。店主の福原篤さんは蕎麦屋の2代目で、店を継いだ2002年に石臼挽き自家製粉、手打ちに変えた。そして「地元にこんなにおいしい蕎麦があることをもっと広めたい」と、主に三芳町産蕎麦を使う。

田舎せいろ 1122円

『手打蕎麦 ぐらの』田舎せいろ 1122円 挽きぐるみなので蕎麦の香りと旨みが濃厚

「色も香りもよく、何より粘りがあってコシが強い」と三芳在来の魅力を教えてくれた。福原さんは畑の手伝いにも出かけ、その魅力を引き出そうと研究を重ねてきた。

近くの畑を見に行ってみると、青空の下にワイルドな蕎麦畑が広がっていた。「一列に撒いているので、風が抜けていい蕎麦に育ちます」と福原さん。

車で5分ほどの距離にある三芳町の蕎麦畑

がっしりとした太打ちの「田舎せいろ」は挽きぐるみの二八だ。本節のカツオが香るやさしいツユが蕎麦の甘みをグッと引き立てる。プロが愛する三芳在来の畑を眺め、蕎麦を手繰る。これ、蕎麦好きにはたまらないプチ旅だ。

『手打蕎麦 ぐらの』ログハウスのような開放的な空間も旅気分を盛り上げる。テラス席は犬もOK

埼玉県鶴瀬『手打蕎麦 ぐらの』

[住所]埼玉県ふじみ野市大井816-4
[電話]049-264-0337
[営業時間]11時~15時(14時半LO)
[休日]火・水
[交通]東武東上線鶴瀬駅またはふじみ野駅から車で9分

▶おとなの週末2024年4月号は「おにぎりとおべんとう」

2024年4月号
2024年4月号

撮影/貝塚隆、取材/岡本ジュン
※2023年12月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

icon-gallery
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…