MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
岐阜屋|今日のランチはココ!雑踏に身を置いて男前中華を食すべし(中華料理/新宿)

岐阜屋|今日のランチはココ!雑踏に身を置いて男前中華を食すべし(中華料理/新宿)

新宿思い出横丁。言わずと知れた、戦後闇市の面影を今に残す名物横丁だが、大ガード側から入ってすぐ、『岐阜屋』は昭和22年からここにある。年中無休、朝9時から深夜までの通し営業。岐阜屋 (ギフヤ)[交]JR・私鉄・地下鉄新宿駅西口から徒歩3分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》岐阜屋|今日のランチはココ!雑踏に身を置いて男前中華を食すべし(中華料理/新宿)の画像をチェック! navigate_next

岐阜屋(最寄駅:新宿駅)

昔からお世話になってますが、いつ行ってもいいなと思うのは、その活気と猥雑さ。サラリーマンのおっさんから若者、お姉さんまで、思い思いに飯食ったり、一杯やってたり。この雑踏に身を置くと「アジアやなあ」「人間交差点やなあ」と妙に落ち着く。 強力な火力。ジャッジャッジャッと手早く鍋を振る厨房の動きも活気にあふれる。店長の坂田伸治さんはこちらで33年。「そりゃ俺も年取るわけだ」とは常連の弁だ。「あいよ」と出される料理は、熱々でボリューム大。熟練かつケレン味のない男前の中華。なんかここの飯食うと元気出るんだよなあ。

木耳と玉子炒め
570円

木耳デカっ、玉子ふわデカっの大迫力で、少しピリ辛。このメニューのファン多数

タンメン
570円

具材もたっぷり、旨みもたっぷり。実はこちらの麺はすべて自家製麺。スープにいい感じに絡む

レバ韮炒め
620円

熱々を頬張りたい。

岐阜屋

東京都新宿区西新宿1-2-1 ☎03-3342-6858 [営]9時~翌1時(木・金・土~翌2時) [休]無休(年末休なし) [席]55席(すべてカウンター) カード不可/予約不可/禁煙席なし [交]JR・私鉄・地下鉄新宿駅西口から徒歩3分

電話番号 03-3342-6858
2016年1月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
「武蔵小山の夏の風物詩」と言われるとかないとか(?)のご覧の名物。冷水でキュッと締めた麺の上に片栗粉でカラリと揚げた熱々のエビが1、2、3……8個も! 
世の中にはさまざまな203号室があるけれど、このビルの203号は冗談抜きですごかった。何がってカフェ風の空間から想像もできない本格中華が店主の濵田さんによって夜な夜なふるまわれているから。
丼の中にあったかいスープ、上には野菜がどっさり。それをどけて持ち上げた麺からは湯気がふわ~っ。ハフハフしながら食べるタンメンは、どこか昭和を感じさせます。そんなノスタルジックな気持ちにさせてくれる5杯をお届けします。
そもそも「焼飯」とは何か、チャーハンと何が違うのかという話がありますが、メニューに「焼飯」と書かれた料理は数少なく……。その上、「ソース焼飯」ときた。この謎のメニューを追跡。実態を調べてみました。
最新記事
秋葉原のヨドバシAkibaの1階に『ハイカラ・フライドチキン』が2021年10月25日にグランドオープン。唐揚げの名店として知られる新小岩の居酒屋『からあげバル ハイカラ』が、チキンバーガー市場に参戦したのだ。どんなチキンバーガーに仕上げてきたのか!?
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
get_app
ダウンロードする
キャンセル