×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

トヨタ自動車が運営する「LEXUS MEETS…(レクサス ミーツ)」(「東京ミッドタウン日比谷」内)がカフェラウンジとしてリニューアルオープンした。2024年4月18日から、和スイーツと日本各地の魅力を楽しむ空間に。カフェラウンジのテーマは、クルマが走り、見つめてきた「道」だ。

icon-gallery

開業から6年、クルマを展示せず「道」を実感する空間へ

「LEXUS(レクサス)」はトヨタ自動車が展開する高級車ブランド。「レクサス ミーツ」は元々、ブランドの魅力を知ってもらうための“タッチポイント”(企業と客をつなぐ接点)として作られた。大規模複合施設「東京ミッドタウン日比谷」の中にある。

ラグジュアリー感漂う「LEXUS MEETS…」

2018年3月、東京ミッドタウン日比谷の開業とともにオープン。もともとは店内中央にクルマを展示し、試乗体験スペース、ブランドの世界観が味わえるブティック&ギャラリー、コンセプトカフェの3要素を中心に展開していた。

今回のリニューアルを通して、内装やカフェのメニューが一新された。中でも、重要なのがテーマ。地域をつなぎ、人と人との心をむすぶ存在としての「道」のことだ。リニューアル後は、クルマの展示をあえてやめ、クルマが築いてきた人や日本の地域との繋がりに想いを馳せることができる空間へと生まれ変わった。

車両パーツのオブジェも!日本各地との繋がりを体感できるユニークな展示

店内には、自動車文化を実感できる展示がズラリ。全国を9地域(北海道、東北、関東、東海、北陸、中部、関西、中部・四国、九州・沖縄)に分け、それぞれのエリアにまつわるものだという。

全国を9地域に分けたディスプレイ

中でも、全国各地で生産される車両パーツを使用したオブジェが面白い。北海道で生産されたトランスミッション(変速機)、三重で作られるエンジン部品のコンロッド、石川もエンジン部品のタイミングチェーンと、パーツをアレンジしたアートは、“エンスー”(クルマ好きの人)のツボを気持ちよく押すだろう。他にも、「道」を表現した写真、ミニカーなどが並び、「道」とその先に繋がる世界が広がる。

モリゾウことトヨタ自動車会長・豊田章男さんの思い出の「道」(静岡市の薩●峠=さったとうげ、●は「土」編に「垂」)を撮影した写真( MORIZOサイン入り)も飾られた空間

「道」をテーマにした現代アーティストの作品も必見

日本の美意識を現代の感覚で表現する作家の「道」をモチーフにしたアート作品も必見だ。店内を見渡すと、数点の作品が点在している。

中でも、国内外で活躍する現代工芸作家の成瀬好徳さんが日本列島の地図を再構成し、ハート形に仕上げた彫金のオブジェが目を引く。目をこらすと、オブジェの中にもうひとつハートがある。これは、トヨタ自動車の本社がある愛知県豊田市を示しているそうだ。

内の壁には「道」をテーマにしたアートが点在。手前が、成瀬好徳さんの彫金オブジェ
次のページ
五街道を表現した団子も!こだわりの和スイーツに舌鼓...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

中村友美
中村友美

中村友美

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…