MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
【閉店】市ヶ谷 かど|お米に浸透するダシの旨みとカニの甘さに感激(和食/市ヶ谷)

【閉店】市ヶ谷 かど|お米に浸透するダシの旨みとカニの甘さに感激(和食/市ヶ谷)

 店先に掲げられる「酒」と「飯」の文字。その両方を大いに満たしてくれるのがこの店だ。

【閉店】市ヶ谷 かど(最寄駅:市ヶ谷駅)

 炊き込みご飯は定番の鯛飯(2700円)に加え、旬を意識した3~4種類を用意。秋は他に栗とカマス、冬はブリや海老芋などが登場する予定だ。素材には手を入れすぎず、カツオとコンブの合わせダシでシンプルに炊き上げる。カツオとコンブは通常の倍量ほども使い、驚くほどたっぷりの旨みが口中にシアワセをもたらす。熱伝導率が高いストウブ鍋で炊くので、早くムラなく均一に火が入り、そのため提供までの時間が20分ほどと短いのもうれしい。

ストウブ飯 カニととんぶり
3024円(約3人前)

ご飯の甘みを引き出すダシの旨みに、カニの甘さととんぶりの食感、三つ葉の香りが融合。繊細でやさしい味わいを堪能したい

ストウブ飯舞茸と銀杏
2808円(約3人前)

香りが魅力の舞茸と大ぶりの銀杏の食感が抜群

前菜盛り合せ
1620円

季節感を存分に楽しめる八寸。左下の「シャインマスカットの白和え」など創作的な一品も

市ヶ谷 かど

[住所]東京都千代田区九段南4-4-7 中川ビル地下1階 [TEL]03-6261-3390 [営業時間]17時~23時(22時LO) [休日]土・日・祝 [席]30席/原則禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し代540円別 [交通アクセス]地下鉄有楽町線など市ヶ谷駅4番出口から徒歩2分

電話番号 03-6261-3390
2017年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
創業から65年を迎える福島県の干物メーカーの旗艦店。今年から名物の干物を使った鍋がスタートした。
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。
オイスターバーから、和食に特化して牡蠣を楽しめるようにしたお店。生牡蠣や焼き牡蠣の他、牡蠣しゃぶや牡蠣のすき焼きなどの鍋物を気軽に楽しめる。
約40年前の創業時からの看板料理があんこう鍋。毎年10月から始まるこの鍋を、今や遅しと待ち構える客の予約が殺到するのだ。
毎朝仕入れる地魚を使った料理に定評あり。なかでも、鎌倉で水揚げされたしらすをたっぷりのせた海鮮丼が名物で、3~12月は生しらすも味わえる。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
松戸を中心に店舗展開する超人気店『中華蕎麦 とみ田』が、満を持して東京に上陸。同店の代名詞である超濃厚な豚骨魚介つけ麺と、富田店主が業界入りするきっかけにもなった名店『東池袋大勝軒』のクラシカルなつけ麺を二枚看板で提供する。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt