SNSで最新情報をチェック

旬の食材は食べて美味しいだけではなく、栄養もたっぷり。本コーナーでは魚や野菜、果物など旬食材の魅力をご紹介します。
さて、今回のテーマとなる食材は?

文/おと週Web編集部、画像/写真AC

【今月の旬食材は?】いま1年で最も旨い食材

■情熱的です

正解:パッションフルーツ

難易度:★★★★

大事なのは種!!

南国フルーツの代表格であるパッションフルーツ。原産地は南米で、トケイソウ科トケイソウ属に属するつる性植物です。

日本に伝来した時期は、安土桃山時代、江戸時代など諸説あります。

日本ではおもに沖縄や小笠原諸島や奄美大島などで栽培されていて、収穫のピークを迎えるのは6月から8月末にかけてです。

形は球状または卵形で、未熟なときは緑色で、熟すると赤色から赤紫色へと変わっていきます。中には、黄色いゼリー状の果肉と果汁がたっぷり含まれています。種はそのままいただけます。また、独特の香りを持つことも特徴のひとつです。

未熟なものは酸味が強いため、美味しくいただくためには十分に熟したものを選ぶ必要があります。

バナナのように未熟なときに収穫をするのではなく、基本的には熟したタイミングで収穫・出荷されるため、食べられないほど酸味が強いといったことはないのですが、それでも、スーパーなどで販売されているものは表面がツルツルなものがほとんど。この段階ではまだ酸味はかなり強いので、追熟させることをおすすめします。

追熟させる方法は次項でご紹介します。

実は、パッションフルーツには旬の時期が2回あり、6月から8月に収穫されるものは夏実、12月から4月頃に収穫されるものは冬実と呼ばれます。冬実は夏実よりも酸味が強めなのが特徴です。

そのまま果肉をすくって食べるほか、丸ごと冷凍してシャーベットのようにしていただいても美味です。

種が気になる人は、裏ごししてフルーツソースのようにして食すのもおすすめです。

次のページ
美味しいパッションフルーツの選び方...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。7月16日発売の8月号では、夏の食の風物詩「う…