MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
オヤジのコンビニ食ダイエット(31) 食物繊維たっぷりプロテインバー 森永製菓「inバー プロテイン ベイクドビター」

オヤジのコンビニ食ダイエット(31) 食物繊維たっぷりプロテインバー 森永製菓「inバー プロテイン ベイクドビター」

美しく健康的に痩せたいなら、たとえダイエット中であっても、タンパク質の量を減らすのは避けたい。というわけで、今回ぜひ紹介したいと思ったのがセブンイレブン限定商品として販売された、森永製菓の「inバー プロテイン ベイクドビター」だ。

perm_media 《画像ギャラリー》オヤジのコンビニ食ダイエット(31) 食物繊維たっぷりプロテインバー 森永製菓「inバー プロテイン ベイクドビター」の画像をチェック! navigate_next

食物繊維たっぷりプロテインバー 森永製菓「inバー プロテイン ベイクドビター」


「プロテイン」と聞くと、筋肉をムキムキにしたい人が飲むサプリメントをイメージする人が多いと思うが、プロテインは「タンパク質」のことなので、単なる栄養素の1つにすぎない。

といっても、これがとても大切な栄養素で、筋肉だけじゃなく、皮膚や血管、髪や爪など、体内の大部分の美と健康の維持に欠かせない。

美しく健康的に痩せたいなら、たとえダイエット中であっても、タンパク質の量を減らすのは避けたい。

制限するなら炭水化物か脂質になるが、これらもタンパク質とともに「3大栄養素」といわれるほど大切なものなので、決してゼロにしてはいけない。

炭水化物は食物繊維を多く含み、食後の血糖値上昇が緩やかな玄米や雑穀米など、脂質はナッツ類や魚に含まれる良質なものを選べばいい……。


タンパク質は、肉や魚をたっぷり食べるのがベストだが、毎食となるとコストが高くつくので、筋肉をムキムキにしたい人はプロテインドリンクを併用しているのだ。

スナック感覚で食べられるプロテインバーも、海外では種類が豊富で人気が高く、今回紹介する商品の2倍以上のタンパク質を含んでいるものもある。

しかも、日本語の海外通販サイトで、割と手軽に買える。

それでも、今回ぜひ紹介したいと思ったのが、セブンイレブン限定商品として販売された、森永製菓の「inバー プロテイン ベイクドビター」だ。


常温で持ち運べ、タンパク質と食物繊維を同時に補給できるし、ビターな味わいもイイ!


「ベイクドビター」は、同じく「inバー プロテイン」シリーズの「ベイクドチョコ」をアレンジした商品。

35グラムの製品中、10グラムを占める高タンパクをキープしながら、糖質は40%オフで、4倍の食物繊維を含んでいる。

このサイズのチョコレート菓子で7グラム近い食物繊維を含んでいることに驚いたが、原材料名を見て納得した。


原材料名は使用した重量の割合が高い順に表示するルールがあるが、なんと1番最初に「食物繊維(イヌリン)」と書かれている。

そして2番目が「ホエイたんぱく」、3番目が「ココアパウダー」の順だ。

ここから想像できるのは「食物繊維とタンパク質がたっぷり入ってる、ビターな味わいのチョコレート菓子」ということ。

食物繊維は腸内環境を改善したり、糖の吸収を穏やかにする効果が期待できるので、タンパク質と同じくダイエット中には欠かせない栄養素。

それが1本のプロテインバーで手軽に摂れるのはありがたい。

最大のウリである糖質オフ、
高タンパク、食物繊維4倍を
パッケージにしっかりデザイン。



甘すぎないビターな味わいも最高で、洋酒好きの自分はウイスキーのつまみとしても重宝している。

サラダチキンとちがって常温保存ができるので、バックに入れて持ち歩け、「さっきの食事じゃタンパク質足りないなぁ……」ってときにサクッと食べられるのもいい。

不満があるとすれば、このサイズで脂質が8.5グラムっていうのが、ちょっと多いかなぁ〜って感じ。

だけど、それを帳消しにするくらい、食物繊維とタンパク質がたっぷりで、ダイエット中にも食べられるチョコレートだと思う。

森永製菓「inバー プロテイン ベイクドビター」
税抜151円(セブンイレブンで購入)


セブンイレブン限定らしく、いまのところほかのコンビニでは見かけない。

「inバー プロテイン」は、海外のプロテインバーと比べると、タンパク質の量が少ないので、紹介することはないと思っていたが、これは食物繊維の量と味の良さに驚いた。


炭水化物は「糖質+食物繊維」のことだが、
この商品の場合は糖質よりも
食物繊維を多く含んでいることがわかる。
もっと低脂質だったら完璧だったのになぁ……。

数ある原材料のなかで、
1番に「食物繊維」が書かれているということは、
材料として食物繊維を最も多く使っているから。


森永製菓「inバー プロテイン ベイクドチョコ」(左)
森永製菓「inバー プロテイン ベイクドビター」(右)


うっかり間違えそうなほどパッケージが似ているので、「ベイクドビター」という表示をしっかり確認しよう。
どちらも価格が同じだけど、ダイエット中なら断然「ベイクドビター」のほうがオススメ。

柔らかいチョコを
サクッとした食感のチョコで
コーティングしたような感じで、
味は海外のプロテインバーより好み。
中のツブツブは、
原材料から判断すると
大豆パフやクラッシュアーモンドだろう。

森永製菓「inバー プロテイン グラノーラ」(左)
森永製菓「inバー プロテイン ヘルシーチキン」(右)

これまで自分が「inバー プロテイン」でよく買っていたのは、実はこっちのタイプ。
10グラムのタンパク質っていうのは同じなんだけど、脂質がメチャクチャ低い。


「ヘルシーチキン」の栄養成分表示。
0.7グラムという圧倒的な低脂質が素晴らしい。
でも今後は「ベイクドビター」を選ぶことが増えそうだ。





太田日向(おおたひなた)
食生活の8割がコンビニという40代独身オヤジ。標準体重12キロオーバーのメタボ体型から、約1年で14キロのダイエットに成功。太りにくい体にしようと、調子に乗って筋トレも開始。筋トレに効くコンビニ食も探している。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
太田日向

食生活の8割がコンビニという40代独身オヤジ。標準体重12キロオーバーのメタボ体型から、約1年で14キロのダイエットに成功! 太りにくい体にしようと、調子に乗って筋トレも開始。筋トレに効くコンビニ食も探している。

関連記事
今回は、セブン-イレブンのロールパンに注目。最近販売されていた2種類をご紹介します。低糖質かつ高たんぱくで、美しく健康的にダイエットするために必要な栄養素を手軽に摂れます!
今回は、自分が最近コンビニでよく買っているお菓子2品を紹介。1つは20グラムもたんぱく質を含んだプロテインバーで、もう1つは原料に大豆を使ったノンフライチップス。 どちらもダイエット中の間食として最適で、味も良く、価格が手ごろなのも素晴らしいです!
ローソンには連載の初回に紹介した「ブランパン」を筆頭に、低糖質で食物繊維がたっぷり摂れるパンが豊富にラインアップされています。なかでも最近、とくに気に入っているパンが「もち麦のあんバターブレッド」。 糖質はわずか12グラム程度なのに、ダイエットには欠かせない栄養成分のひとつである食物繊維が約13グラムも入っている素晴らしいパンなんです。
札幌が発祥のスープカレー。スパイシーなスープと、大きなチキンや野菜がゴロゴロと入っているのが特徴で、今や日本のカレー料理の1つのスタイルとして定着している。 野菜たっぷりでもともとヘルシーなイメージがあるスープカレーだけど、ダイエット中でもおすすめの商品がファミマから発売されたので紹介します。
今回は、私が最近よく買っているセブンイレブンの「酒のつまみにもなる、ダイエット中もおすすめの総菜」を紹介します。 基本的にはカロリーが控えめで、たんぱく質をたっぷり含んでいるもの。 脂質は控えめがいいけど、総菜なら1つの商品で10グラム以下を目安に選んでいます。
最新記事
キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル