MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
本格的なシンガポール料理を丸の内のホテルランチブッフェで楽しむ!

本格的なシンガポール料理を丸の内のホテルランチブッフェで楽しむ!

グルメライターが[アスコット丸の内東京 トリプルワン シンガポール&チャイニーズキュイジーヌ]を実食レポート。日本でのシンガポール料理の先鞭をつけた『シンガポール海南鶏飯』が手がける、2017年3月にオープンしたホテルの新店。[住所]東京都千代田区大手町1-1-1 22階

perm_media 《画像ギャラリー》本格的なシンガポール料理を丸の内のホテルランチブッフェで楽しむ!の画像をチェック! navigate_next

アスコット丸の内東京 トリプルワン シンガポール&チャイニーズキュイジーヌ(最寄駅:大手町駅)

本場の味を種類豊富にランチでお得に楽しめる

主菜は3種から選べ、作りたてが運ばれる。パンダンリーフ(※)が香る「シンガポールチキンライス」、濃厚な魚介スープの旨みを堪能できる「シンガポールラクサ」。そして、日替わりのアジアンランチ。シンガポール出身のシェフが作る本場の味は、どれもホテルメイドらしい上品な美味しさだ。 ブッフェに並ぶのはイギリス、中国、マレーシア、インドの食文化が交差するシンガポールらしい多国籍料理。初めて出合う料理もぜひ気軽に楽しみたい。

※東南アジアの料理に欠かせない、甘い香りのするハーブの一種

ブッフェ
大人1名3240円

シンガポール料理や中華の惣菜がバラエティ豊かに揃う

炒め物、押し豆腐のサラダ

ラクサは中華麺か、丸麺のビーフンを選べる

チキンライスの鶏は “蒸し”か“揚げ”を選べる。ハーフ&ハーフも可

ココナッツミルクにさつま芋とタピオカが入るシンガポールの人気デザート「ボボチャチャ」。辛い料理の後にぴったりの甘さだ

アスコット丸の内東京 トリプルワン シンガポール&チャイニーズキュイジーヌ

[住所]東京都千代田区大手町1-1-1 22階 [TEL]03-6268-0910 [営業時間]11時半~15時(ブッフェは14時最終入店、ブッフェ以外のアラカルトは14時半LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]テーブル64席、テラス10席、計74席 全席禁煙/カード可/予約可/サ10% [交通アクセス]地下鉄半蔵門線ほか大手町駅C6a出口より徒歩3分

電話番号 03-6268-0910
2018年2月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
 ランチビュッフェといえば、まず思い浮かぶのが高級ホテルのそれ。しかし最近では、ビジネスホテルも手頃な価格帯を武器に参戦しはじめているのだ。
ホテル雅叙園東京 ニューアメリカングリル カナデテラスのランチブッフェに関するグルメ取材記事と写真のページ。店内のグリルで常時焼かれているのは、塩水に漬け込み、全体が均等な味になるよう下ごしらえされた牛肉、淡白さを青山椒の風味で包んだ鶏肉。さらに肉のショーキッチン前のブッフェ台にはスペアリブまで。
ホテル前の柘榴坂を店名に冠し、2017年4月に『グランドプリンスホテル新高輪』がニューオープン。シェフが切り分けるローストビーフ、ライブで焼かれる魚介と野菜の網焼きグリル、パティシエが盛り付けるジェラートと、ショーキッチンは圧巻だ。圧巻のショーキッチン
三井ガーデンホテル銀座プレミア レストラン スカイ|天井から床までの大きな窓から望める浜離宮恩賜庭園や銀座の街並み。ホテルの16階に店を構える眺望抜群のこちらは、2017年6月末に前菜のみだったブッフェを、すべてブッフェにしてリニューアルオープンした。
最新記事
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
油揚げは、刻んでお味噌汁に入れたり、柔らかく煮たあとにすし飯を入れてお稲荷さんにしたり……。そんなイメージがありますが、ステーキのように焼く食べ方で熱い支持を得ている油揚げが北陸にあります。「谷口屋の、おあげ」のことです。
こちらは渋谷の人気店『鬼そば 藤谷』が手掛ける甲殻類ラーメンの専門店。看板は、2019年10月に行われたNYラーメンコンテストで優勝を果たした「ロブスター味噌らぁ麺」。
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
get_app
ダウンロードする
キャンセル