MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
気軽に入れるロシアで人気の老舗レストラン!丸の内『ゴドノフ』

気軽に入れるロシアで人気の老舗レストラン!丸の内『ゴドノフ』

ゴドノフ東京 丸の内店(洋食・西洋料理/丸の内)|ロシアで人気の老舗レストラン『ゴドノフ』。丸の内にオープンした日本1号店は、重厚感のある本店と違い、場所柄気軽に入れるようロシアンバルを掲げ、カジュアルに展開。

perm_media 《画像ギャラリー》気軽に入れるロシアで人気の老舗レストラン!丸の内『ゴドノフ』の画像をチェック! navigate_next

ゴドノフ東京 丸の内店(最寄駅:東京駅)

老舗レストランの伝統+独自の味をカジュアルに食す

シェフの角田健次さんが現地で修業をし、ロシア風煮こごりの「ハラジェツ」、伝統の「ビーフストロガノフ」など本場の味を習得。東京オリジナルも含めた38種類のメニューを揃えている。アラカルトはもちろん、コース料理は3480円からと価格もリーズナブル。 料理に合うお酒も充実。全126種類中、旧ソ連時代を含むロシアゆかりのお酒は16種類。ワインやビールもおもしろいが、ここはぜひ自家製モルスを使ったカクテルを飲んでほしい。口当たりがよくスッキリ。これからの季節にピッタリの味わいだ。

ゴドノフ特製! 牛タン煮込みの“ボルシチ”
1400円

ビーツが入ったゴドノフならではの味。提供時に出されるロシアのサワークリーム「スメタナ」を入れると、酸味に加えてまろやかさもアップ!

ポークスパイシー“シャシリク” トマトサルサソース
1000円

ロシアの屋台料理をアレンジした東京オリジナル。ガラムマサラなど、スパイス8種類をまぶした豚肉と野菜を串に。酸味と辛みが押し寄せるソースも美味

赤ワインモルス、アブラウ・ドゥルソ・ブリュット、バルティカ No.3
800円、グラス1100円、1400円

3種のベリーで作られる自家製モルスと赤ワインのオリジナルカクテル。かつては高貴な人しか飲めなかったスパーリング。ロシアでは珍しいビール

ピロシキ
2個セット700円、1個380円

パン生地、パイ生地で計4種類を用意。写真手前は、豚肉と玉ネギの入ったカレーピロシキ。焼きが主流だが、こちらは揚げタイプの東京オリジナル

ゴドノフ東京 丸の内店の店舗情報

[住所]東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング5階 [TEL]03-5224-6558 [営業時間]昼11時~15時、ティータイム15時~17時、夜17時~23時(22時半LO) [休日]無休 [交通アクセス]地下鉄千代田線二重橋前駅7番出口から徒歩2分、地下鉄丸ノ内線ほか東京駅M4出口から徒歩3分

電話番号 03-5224-6558
2018年5月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
まるで物語の世界から抜け出たようなかわいらしいチェコ料理店。店主の宇根美晴さんはチェコのアニメ映画や雑貨に魅せられて、チェコ料理店で働き、妹の郁恵さんとこの店を開いた。
豊富な資源を持つ山形県河北町と、三軒茶屋界隈で6店舗経営する和音人が強力タッグを結成! 和と洋を融合した“出汁フレンチ&ビストロ割烹”をオープンした。
男女の熱気がむんむん満ちる夜のコリドー街。赤レンガの外壁にランプが灯るこの店を訪れると、そこに結界があるかのように、旧き佳き銀座の空気が流れている。
ハンガリーの食卓に欠かせないパプリカ。「日本でいうと味噌のような存在。でもパプリカには味がない。大事なのは色と香りです」と齊藤一正シェフは言う。
新大橋通りに面した角に立つ小さなお店。中に入ると、多種多様なベルギービールが棚にずらりと並び、常時50~60種もの味を楽しめる。
最新記事
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
秋葉原のヨドバシAkibaの1階に『ハイカラ・フライドチキン』が2021年10月25日にグランドオープン。唐揚げの名店として知られる新小岩の居酒屋『からあげバル ハイカラ』が、チキンバーガー市場に参戦したのだ。どんなチキンバーガーに仕上げてきたのか!?
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル