MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
清澄白河の居酒屋『酒と肴 botan』

清澄白河の居酒屋『酒と肴 botan』

「食べることも飲むことも大好き」という店主の金岡さんは、休日になるとさまざまな店に出向き、料理のことばかり考えているという。

perm_media 《画像ギャラリー》清澄白河の居酒屋『酒と肴 botan』の画像をチェック! navigate_next

酒と肴 botan(最寄駅:清澄白河駅)

絶好の相性の酒と肴は“好き”が原点

タケノコの煮物などオーソドックスな和食には辛口の日本酒、ブルーチーズを合わせたマカロニサラダやバルサミコ酢で煮た真イワシなど遊び心ある料理には旨みのあるタイプなどと、お酒との組み合せも楽しく、食も杯も進んでしまう。どの料理も酒飲みのツボをついているのは、金岡さんの頭の中に蓄積されたアイデアがあってこそ。

おまかせコースの一例(真鯛とタケノコの炊き込みご飯、花山椒と黒毛和牛の小鍋仕立て(2人前)、江戸前海苔の澄まし汁、キュウリとミョウガの浅漬け、前菜7種、お造り盛り合せ(桜エビ、ヒラマサ、水だこ)、アイナメとワカメの椀物
5400円

ちょっとずつ盛られた先付けからわくわくさせてくれる。〆は季節の炊き込みご飯。花山椒は入荷がなくなり次第終了

桜えびとそら豆の春巻き756円、岩手殻付き生うに1512円、真いわしのバルサミコ梅煮594円

料理の多彩な味に合わせて酒のラインナップも幅広い。5勺から提供

お店からの一言

店主 金岡由美さん

「お酒が進む料理をご用意してお待ちしてます」

酒と肴 botanの店舗情報

[住所]東京都江東区白河2-9-2 [TEL]070-6474-4139 [営業時間]18時~24時、土・日・祝12時~14時、16時~23時 [休日]月 [席] カウンターあり、全11席/全席禁煙/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄半蔵門線ほか清澄白河駅B2出口から徒歩3分

電話番号 070-6474-4139
2018年6月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
昔から日本人が培ってきた発酵の知恵。そこには免疫力を高める効果があると言われている。
「お通しから喜んでいただけるよう、見た目や味はもちろん、コストも工夫して作っています」とおだやかに語るのは、店主の瀬木さんだ。日本酒や焼酎にぴったりくる和食料理の他、お客の好みに答えて生まれたコロッケやパスタなど、何でも作る。
日本酒居酒屋、それも生け簀(す)料理が有名な魚介の店。だけどハムカツが人気というから意外に思って聞いてみると「魚だけじゃなく、一品料理もここだけにしかないものを出したいといろいろ工夫しました」と店長の八木橋さん。
その夜はしんみりとした雨だった。だからだろうか、迎えてくれた女将さんの、向日葵のような笑顔がうれしかった。
『魚真』出身の店主による、魚のラインナップに定評のある居酒屋。焼津の鮮魚店『サスエ前田魚店』からメインに仕入れ、日替わりで料理を提供している。
最新記事
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。細野晴臣の第2回も、「YMO以前」の状況がつづられます。美術家・横尾忠則の要望で、オール・キーボードのアルバムを制作することになり……。
ドイツの年末の風物詩が横浜で楽しめます。クリスマスまであと1カ月。恒例行事となった横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケット『Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫』(11月26日~12月25日)が始まります。12回目となる2021年は「ギフト」をテーマとして、日本初上陸のグッズ販売に加えスノードームの手作り体験やファーストクラスの機内食の出店など、普段はなかなか体験できない、思い出に残るスペシャルな催しが盛りだくさんです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル