MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
コラム
まとめ記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
魅力的な台湾名物が横浜中華街で楽しめる☆パイコー飯やシジミの醤油漬けは絶品!

魅力的な台湾名物が横浜中華街で楽しめる☆パイコー飯やシジミの醤油漬けは絶品!

 魅力的な台湾名物が楽しめる店。酒のアテに最適なのがシジミの醤油漬け。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

状元郷(最寄駅:元町・中華街駅)

半生のプリッとした食感と、甘みのある台湾醤油をベースにした味付けがクセになる。〆は、ぜひ台湾パイコー飯を! オリジナルのタレやスパイスで漬け込んだ骨付き豚肉を高温の油で一気に揚げたパイコーは、外はサクサク、齧ると旨みがジュワッと溢れる。平日18時までは、生ビール、サワーなど3杯1000円というサービスも実施しており、呑兵衛にはたまらない。

台湾パイコー飯
900円

タレが染みてカラリと揚がったパイコーは、アツアツご飯と最強タッグ! お弁当箱に入って供されるのもユニーク

シジミの醤油漬け
600円

紹興酒(グラス700円~)など、酒のお供に欠かせない

台湾タケノコの冷菜
1300円

茹でタケノコの上に台湾の甘いドレッシングがたっぷり。ハマる人続出の大人気メニュー。4月~7月頃までの期間限定。数量限定なので、電話で予約がおすすめ

お店からの一言

店主 蔡 佩玲さん

「台湾名物を用意してお待ちしてます!」

状元郷の店舗情報

[住所]神奈川県横浜市中区山下町148 [TEL]045-681-2340 [営業時間]11時半~15時、17時~23時(22時半LO)、土・日・祝11時半~23時(22時半LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]全32席(8~20名の個室有)/全席喫煙可/予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]みなとみらい線元町・中華街駅2番出口から徒歩7分

電話番号 045-681-2340
2018年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
台湾の人気炒飯店『民生炒飯』の味に惚れ込んだ日本人スタッフが現地で修業をし、本場の味を習得。店主に認められ、国外初出店を果たした。
長江の中流に位置する湖北省。周囲にある各地域の食文化が混じり合う、まさに美食の宝庫なんだとか。
中国東北部出身の女性店主が丁寧に作る、本場そのままの点心が評判。皮から手作りの小籠包や水餃子はほっこりする家庭の味で、毎日でも食べられそう。
『筑紫樓』といえばフカヒレ専門店の重鎮。行ってみたいけど、恵比寿本店や銀座店の煌びやかなイメージに及び腰……。
中華は家族みんなで囲める料理。ならばどんな世代にも親しみやすく、なおかつ体に優しい方がいい。
最新記事
カレーの要であるスパイスをまとったご飯「ビリヤニ」は、スパイスカレーとはまた別次元の旨々メニュー! しかも最近、じわじわとファンが増殖中。注目&食べどきの、スパイスフード界のキラーメニューなのです!
東京駅で魚料理が食べたくなったなら、脇目を振らず、この店に急ぐべし! 本マグロをはじめとした、とびきり新鮮で上質な刺身に、上品な風味がじんわり沁みた西京漬けと、主役級のおかず2種を盛り込んだ「奈可嶋膳」が待っている。
店主は、大行列のつけめん専門店『六厘舎』を長きにわたって支えた功労者。2016年に埼玉県三郷市で開業した店舗を北千住に移し、自慢のつけめんをさらにブラッシュアップさせた。
丼の中に佇むのは、麺とスープ、そしてネギ。いたってシンプルな構成ながら、そこにはこだわり抜き、手間暇かけて作り上げたという自信が潜む。潔き“素ラーメン”こそ、ラーメンの美味しさを堪能させる究極のスタイルなのだ!
その名も「貴族」「平民」と名付けられたカツレツ。前者は香味ある高級イベリコ豚、後者はあっさりしたドイツ産白豚。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル