MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
【閉店】La cave ALT ラ・カーヴ オルト|和牛の旨みがビターなソースとしっかり絡む、牛100%メンチカツ(イタリアン/秋葉原)

【閉店】La cave ALT ラ・カーヴ オルト|和牛の旨みがビターなソースとしっかり絡む、牛100%メンチカツ(イタリアン/秋葉原)

既存の概念にとらわれない「オルタナティヴ」を語源とした店名には、ジャンルにこだわらず、美味しいものを貪欲に提供していく姿勢が表れている。近隣に勤めるビジネスマンの常連客が多く、メンチカツはリピーターが多いメニュー。La cave ALTラ・カーヴ オルト[交]JR山手線ほか秋葉原駅昭和通り口から徒歩4分※ランチタイム有

【閉店】La cave ALT ラ・カーヴ オルト(最寄駅:秋葉原駅)

1番人気は自家製の黒豚ベーコンやローストビーフ、パンチェッタなどが3〜4人前ガッツリのる「肉盛り」(2500円)。「アヒージョ」(620円〜)は、窯で高熱で一気に焼いて旨みを閉じ込めるなど、料理はいずれもひと工夫凝らされているのが魅力だ。

牛100%メンチカツ
350円(1個) ※注文は2個から

店で粗挽きにした肉は赤身が中心。塩・コショウがメインのシンプルな味付けと、肉汁を閉じ込めたほんのりビターな味わいのグレービーソースが旨みを引き出している

牛タン柔らか煮〜柚子胡椒添え
1200円

牛バラから出たダシでじっくり3日間丁寧に煮込まれている。鰹ダシを中心としたじんわり優しい味わいだ

欧風ビーフカレー
600円(昼のみ)

ゴロリと大きな牛肉がたっぷりのるカレーは、サラダと味噌汁付きでなんと600円なので、トッピングを楽しむ客も多い。ランチは日替わり、パスタ、オムライスのほか、毎週金曜日は「ステーキの日」で、900円でリブロースステーキを提供

【閉店】La cave ALT ラ・カーヴ オルトの関連記事

【閉店】La cave ALT(ラ・カーヴ オルト)

東京都千代田区神田佐久間町3-21 明和佐久間町ビル1階 ☎03-5809-3543 [営]11時半~15時(14時LO)、17時~23時(22時LO)、土11時半~15時半(14時半LO)、17時〜22時(21時LO) [休]日・祝 [席]カウンター5席、4名×6卓、6名×1卓 計35席/禁煙席なし/カード可/予約可/サなし、お通し代300円別 [交]JR山手線ほか秋葉原駅昭和通り口から徒歩4分

電話番号 03-5809-3543
2016年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
お腹がgooと鳴れば料理がgoodなgooへgo。誌面で遊んでる訳じゃございません。
東京都清瀬の契約牧場で深夜に搾られた生乳を、その日の朝にチーズ職人が店舗で加工して提供。鮮度抜群のフレッシュチーズは、さっぱりしつつもコクがあり、ミルク感がたっぷりの上質な美味しさ。
「ランチでもリストランテで食事をする醍醐味を感じて頂きたい」と、馬場正人さん。例えばフォカッチャは営業開始時間に合わせて焼きたてを。
古民家を生かしたシックな佇まい。ゆっくり腰を落ち着けて、料理もワインも楽しみたいときに行きたい店だ。
 オープンキッチンの開放的な空間に元気なスタッフ。ともかく活気があって、広めのカウンターもテーブル席も居心地がいい。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
松戸を中心に店舗展開する超人気店『中華蕎麦 とみ田』が、満を持して東京に上陸。同店の代名詞である超濃厚な豚骨魚介つけ麺と、富田店主が業界入りするきっかけにもなった名店『東池袋大勝軒』のクラシカルなつけ麺を二枚看板で提供する。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt