MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
2カ月でメンチカツを80個以上食べた?!ライター市村直伝!美味しいメンチの見分け方!(メンチカツ/東京)

2カ月でメンチカツを80個以上食べた?!ライター市村直伝!美味しいメンチの見分け方!(メンチカツ/東京)

2カ月でメンチカツを80個以上食べたライター市村直伝!東京都内にある美味しいメンチの見分け方をご紹介します!

perm_media 《画像ギャラリー》2カ月でメンチカツを80個以上食べた?!ライター市村直伝!美味しいメンチの見分け方!(メンチカツ/東京)の画像をチェック! navigate_next

胸焼けがするメンチは店外の臭いで確認!

 洋食店や居酒屋からお肉屋さんまで、味わい・価格など幅の広い活躍を見せるメンチカツ。本当に美味しいメンチに出合える方法を編集・戎とライター・市村(以下市)が探ります。

「メンチカツは肉の種類、玉ねぎを炒めるか生で入れるかなどの使い方、パン粉の形状や揚げ油などで、個性が豊かです。実は僕、油が年々ダメになってまして、カツ類も食べられるものとその場で胸焼けしてしまうものがハッキリしています」

『メンチケン』『亀有メンチ』では、低糖度の生パン粉を使い、植物性の油でさっくり揚げられ、胸焼けしにくいですね」

メンチケン(最寄駅:神田駅)

和牛100%メンチ 380円

北海道産和牛の旨みが堪能できるメンチは、塩・コショウをベースとしたシンプルな味付けで1番人気の看板商品。添えられたホースラディッシュの香りがますます食欲をそそる

亀有メンチ(最寄駅:亀有駅)

亀有メンチカツ(豚) 170円

圧倒的1番人気を誇る、あっさりなのにジューシーな同店のメイン商品





『洋食屋Naganuma』は、ラードでしたがいけました」

洋食屋 Naganuma(最寄駅:御嶽山駅)

ガーリックメンチカツ 870円

ラード100%で揚げているのに、くどくなくサクサクとした食感が楽しめる



「それはご主人の油の使い方が上手だからでしょう。よくとんかつ屋さんなどで、油の匂いが店外に漏れ出ているところがあります。あれは油が酸化してしまっている臭いなんだとか」

「そういうお店はより胸焼けが進みます……。油といえば、メンチの肉汁問題は、好みが分かれるところです」

「今回紹介しているお店は、口に入れた時にじんわりと肉汁が滴るものが中心です。一方で東京を代表するメンチと言っても過言ではない『レストラン香味屋』の『メンチカツ』(2000円)は、ナイフを入れると、たっぷりの肉汁があふれます」

「『香味屋』は非常に有名な老舗ですが、美味しいメンチカツを出すお店の見極め方は?」

「良い洋食店は明るさや清潔感など、入りやすさが大切。『キッチンさくらい』『洋食屋Naganuma』のお客は女性が多く、前者の覆面調査時は店内が全員女性でビックリ。」

キッチン さくらい(最寄駅:御徒町駅)

メンチカツ 1050円(ハーフサイズは525円)

炒め玉ねぎの甘み・コクと、生玉ねぎのシャキシャキ感が楽しめる。ウスターソースと温かいデミグラスソースが供されるのもポイント



「一方で、『メンチケン』や『【閉店】Lacave ALT』のある神田、300円でボリュームのあるカレーメンチが食べられる『大露路』や、今回は取材拒否でしたがデカ盛りで有名な『S』などは新橋にありますし、『煮込み居酒屋 寅』『甚兵衛 2号店』がある虎ノ門などビジネス街はガッツリ系のメンチが多く、価格も安い。競争が激しいので味ももちろんオススメできます」

【閉店】La cave ALTラ・カーヴ オルト(最寄駅:秋葉原駅)

牛100%メンチカツ 350円(1個) ※注文は2個から

店で粗挽きにした肉は赤身が中心。塩・コショウがメインのシンプルな味付けと、肉汁を閉じ込めたほんのりビターな味わいのグレービーソースが旨みを引き出している

煮込み居酒屋 寅(最寄駅:虎ノ門駅)

メンチカツ定食(昼) 800円

パテはしっかりと練られ、じっくり炒めた玉ねぎがたっぷり入る。生パン粉を使って揚げられ、噛み締めると肉汁があふれ出す

甚兵衛2号店(最寄駅:虎ノ門駅)

ジャンボメンチカツ(夜) 580円

今回の調査で最大のメンチカツ。牛肉の割合が多めで、塩・コショウのシンプルな味わいと肉の旨みが中濃ソースとの相性抜群。衣はザクザクで食感が心地良い。



「『La cave ALT』の覆面調査時、お店はオシャレなのに、正直オジさんばかりの店内に一瞬戸惑いました」

「その他の注目店は、先の虎ノ門の2店や、西麻布の『三河屋』など、盛りのいいお店も魅力的なメンチを提供しています。それから、ハンバーグがある店では、パテが同じか否か。例えば『煮込み居酒屋 寅』はメンチ用のパテは別ですし、『キッチンさくらい』では、ベースは一緒ですが、玉ねぎの入れ方で、ひと手間かけていました」

「美味しい店は手をかけているので間違いないです」

「それはメンチに限らず、美味しいお店の鉄板条件ですね。個性豊かなメンチカツの数々をどうぞ堪能してください」

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連するキーワード
関連記事
最近巷をにぎわせている飲料と言えば、クラフトコーラ、レモンサワーにノンアルビール&サワー。評判の店に行ったり、飲み比べをしたりで、それらの評判に偽りなし!なのかどうかを確かめてみました!
あったか〜いご飯に、卵をのせ、醤油をまわしかけ、かっこむ。言ってしまえばそれだけの卵かけご飯。でもそれが美味しくて、今ではTKGと呼ばれるほどの人気メニューに。各店の個性も出てきて、様々な店で食べるのも楽しいです。そんなTKGのオススメ店5軒をご紹介!
冬の味覚で名前が挙がるものといえば「牡蠣」。生でも焼きでもフライでも、どのように調理しても美味しくいただけます。ここでは、「おとなの週末」で紹介した三ツ星店から5軒ご紹介します!
調理パンの王様的存在は何といってもカレーパンでしょう。揚げた生地のサクサクした食感に、ねっとりとした濃厚な具材の調和が食欲をそそります。 スパイシーな香り、食べた満足感……。「おとなの週末」が選ぶ東京都内で激ウマなカレーパンが食べられるお店はココだ!
寒さが身に染みる真冬は一杯のラーメンが恋しいもの。醤油に塩、味噌、とんこつ……。数あるジャンルの中から選ぶとしたら、この時期は辛さがじんわりとカラダを温めてくれる「担々麺」ではないでしょうか。名店が集う激戦区の東京から5店を紹介します!
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル