MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ハンバーグ&とんかつ 三福亭(とんかつ・ハンバーグ/馬喰町)

ハンバーグ&とんかつ 三福亭(とんかつ・ハンバーグ/馬喰町)

洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。

ハンバーグ&とんかつ 三福亭(最寄駅:馬喰町駅)

豚の量が多い合挽きを使うのが柔らかさの秘密。また、あめ色玉ネギをたっぷり入れたデミグラスソースは、中濃ソースやハチミツなどで味を調えた甘さとスパイシーさが際立つ味わいで、肉と絡めばご飯が進む至福の味。ハンバーグととんかつはSサイズもあり、単品は100円引きでオーダー可能だ。

ハンバーグ定食(230g)
1100円

炒めた玉ネギと生の玉ネギが入っていて食感の違いも楽しめる。提供までは20分ほどを要する。定食は1回おかわり無料のご飯と味噌汁、漬物が付く

メンチカツ
900円(単品)

ハンバーグと同じタネを使ったメンチカツ。ディナーでは、ご飯ものと生ビールをセットで頼むと、ヱビス生ビールがなんと190円引きの300円になる

とんかつ定食(160g)
1100円

絶妙な火入れで美しいピンク色に揚げられたとんかつ。ラードで揚げられた、やみつきになる味

お店からの一言

店主 安田智和さん

「リニューアルして4年目です。内装もお楽しみください」

ハンバーグ&とんかつ 三福亭の店舗情報

[住所]東京都中央区日本橋馬喰町1-4-10 [TEL]03-3661-6955 [営業時間]月~土11時半~14時半LO、月~金18時半~21時LO※ご飯売り切れ次第終了※ランチタイム有 [休日]日・祝 [座席]カウンターあり、全18席/ランチタイムのみ全席禁煙/予約可/カード不可/サなし、お通しなし [アクセス]JR総武本線馬喰町駅2出口から徒歩1分


電話番号 03-3661-6955

2018年7月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
[鉄板焼 さとう]のランチには13時を過ぎると訪れる人多し。なぜなら、通常200gのハンバーグが300gに無料で増量できるからだ。[鉄板焼 さとう]の[交通アクセス]は 地下鉄千代田線赤坂駅1番出口から徒歩5分
食材にこだわるご褒美昼メシなら「ラ・ブシュリー・近江」に決まり。何と言っても近江牛専門精肉店の直営だけに、牛肉はすべて一頭買いしている近江牛の処女牛を使う贅沢ぶりだ。
 肩が触れ合うような狭いカウンター席に、煙がモウモウと立ちこめる店内。この店を訪れる理由はただひとつ、絶品のラムを味わい尽くすためだ。
 ここの魅力は岩中豚を100%使用したパテの旨さ。肩ロースやハラミなど挽き方の異なる4種類の部位を巧みに合わせ、力強い味わいを実現している。
 何がいいって、美しい楕円形の肉にポーチドエッグを添えたこのビジュアル。頬張れば牛・鴨・豚の3種を使ったパンチのある旨さに悶絶!
パステルグリーンの外壁が目を引くメロン専門店。手がけているのは、青森県つがる市。
ユーグレナ(ミドリムシ)を配合した緑麺が代名詞の『麺屋 六感堂』がセカンドブランドを開業。“化学調味料を使わない体にやさしいラーメン”という本店のコンセプトは崩さず、新店舗では郷愁漂う懐かしい中華そばを提供する。
爽やかながら甘みもある日本生まれならではのバランスのよさはこれぞ洋食系の味わい!
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt