MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
神楽坂 創彩割烹 清水(日本料理/神楽坂)

神楽坂 創彩割烹 清水(日本料理/神楽坂)

神楽坂の割烹の水準は高い。ちょっと気張らないと行けない店が多いのが事実。

perm_media 《画像ギャラリー》神楽坂 創彩割烹 清水(日本料理/神楽坂)の画像をチェック! navigate_next

神楽坂 創彩割烹 清水(最寄駅:飯田橋駅)

界隈注目の気鋭店懐にやさしい正統派和食に感謝

ところがなんと、4800円から珠玉のコースがいただける本格割烹が、毘沙門天の裏路地にオープンした。
 「気軽に入れる店にしたくて」と主人の清水さん。荒木町の割烹や有名ホテルで修業を積み、浅草で寿司店を営む父からは、江戸前寿司の技を受け継いだ。料理はコースのみに絞り、旬の素材に手間を惜しまず仕事を施すことで、この良心価格を堅持。前菜八寸をはじめ、美しき見た目と、意外なボリュームに圧倒される。開店から9ヶ月、すでに連日予約が取りづらいとか。そりゃ納得です。
 大正ロマンをモチーフにした内装にもご注目を。趣向を凝らしたレトロモダンなインテリアが、正統派の和食と妙にマッチして寛げる。

粋コース(8品)
4800円

「素材はあまりいじらずシンプルに、組み合わせは独創的に」が清水流。先付は半田そうめんの冷や汁仕立てに、ウニをアクセント。盛りだくさんの前菜は白バイ貝、石川小芋とサクラトマトのジュレがけ、江戸前穴子棒寿司、イワシの梅煮など。これだけで2、3杯はグラスが空きそう。築地から仕入れる旬魚のお造りや焼き物にも自信あり。内容は月ごとに替わる

利き酒3種
1100円

日本酒はほかではあまりお目にかかれない銘柄が揃う。「能登純米」(純米/石川)、「理系兄弟」(純米吟醸/福島)などをお得な利き酒セットで

お店からの一言

店主 清水拓耶さん

「幅広い世代の方に愛される割烹を目指しています」

神楽坂 創彩割烹 清水の店舗情報

[住所]東京都新宿区神楽坂5-37 [TEL]03-5261-2002 [営業時間]17時半~23時 [休日]不定休 [座席]全38席/分煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]都営大江戸線牛込神楽坂駅A3出口から徒歩3分、地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩4分


電話番号 03-5261-2002

2018年9月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
日光連山の雪解け水で仕込む“日光豆冨”が主役のとうふ料理専門店。定番人気「青竹膳」の初見の感想は、「この量で足りるかな?」。
ミシュランで一ツ星を獲得している高級割烹。2代目・中嶋貞治氏が継いだときに、市場での長年の付き合いから通年新鮮なものを提供できるということで、イワシを使ったランチを始めたという。
曲げわっぱの蓋を開けた途端、湯気と共に磯の香りが立ち上る。これが大正13年に創業した老舗の自慢の深川めしだ。
東京が誇る江戸料理のひとつがねぎま鍋。7年前の開店当初から、この鍋を看板に据えたのが荒木町の路地裏にあるこちらの名割烹だ。
ひとり用の釜に入れたご飯を供する、いわゆる「釜めし」の元祖。大正15年(1926)、初代・矢野テルが関東大震災の被災経験から炊きたてのご飯をふるまうことを思いつき、小さな釜を特注して生まれた。
最新記事
お小遣いの少ない飲み助にとって、家呑み用ツマミとして自由に買えるナンバー1は駄菓子なのではないか! とはいえ、そのまま食べるのも大人としていかがなものか!! ライター・カーツさとうが駄菓子を使った一品料理を考案。レシピ、動画付きでお届けします。
南インド料理の人気店『ダクシン』のビリヤニはチェティナード風。チェティナードとは南インドの地方名で、リゾート地として知られる。
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。
都心部で歴史と情緒があり、美味が充実している神楽坂と麻布十番。昼と夜とおやつ。新店に老舗。路地裏から大通りまで歩き回り、食べ回り、みんなが納得の美味を集めてきました。大人だからこそわかる魅惑の2エリアの大特集です。密を避けて楽しみたい、春の美味さんぽに活用してください。ほか、生姜焼き、和菓子、駄菓子の特集もあります!
ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」の看板メニューのひとつ「ロイヤルのオニオングラタンスープ」には、知る人ぞ知るエピソードがあります。今から67年前に来日したマリリン・モンローが愛した味だというのです。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル