MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
大阪穴場グルメ_激安最前線! 梅田の第一ビルで見つけた西洋バルで美女が一人酒/大阪ローカル穴場メシ情報[43]

大阪穴場グルメ_激安最前線! 梅田の第一ビルで見つけた西洋バルで美女が一人酒/大阪ローカル穴場メシ情報[43]

梅田の第一ビルといえばサラリーマンにこよなく愛される激安居酒屋が密集したエリア。 そんなエリアに新店がオープン。前を通るとカウンターで一人酒する美女が……!?  彼女の名前はルーシーちゃん。今年2月7日にオープンしたばかりの洋風バル『ルーシースタンドダイニング大阪駅前第1ビル店』の“アイドル”だ。

激安最前線! 梅田の第一ビルで見つけた西洋バルで美女が一人酒


梅田の第一ビルといえばサラリーマンにこよなく愛される激安居酒屋が密集したエリア。

人気店になれば、立ち飲みスタイルの居酒屋でも大行列ができるほどなんや。

そんなエリアに新店がオープン。

前を通ると、カウンターで一人酒する美女が…!?


そのスタイルと、ハデなワンピースに釘づけ。

いや待てよ……。

よくよく見てみるとマネキンやないかい!


彼女の名前はルーシーちゃん。

今年2月7日にオープンしたばかりの洋風バル『ルーシースタンドダイニング大阪駅前第1ビル店』の“アイドル”だ。


コースターも彼女をイメージ。

「縦長の店舗なのでどうしても入りにくい雰囲気がある。
そこでマネキンを置けば奥に人がいると思えて入りやすくなるだろうと(笑)。
社長の奥様がデザイナーでコースターのロゴを作成し、このキャラクターをイメージしたのがマネキンのルーシーちゃん。
だから、あの衣装になったんです」(店長の渡辺浩一さん)


予想通り、マネキンに釣られて訪れた今回の取材。

こうしたアイデアを実践するように、スタッフのシャロさんも愛想が驚くほど良い!


彼女の笑顔で、ついついお酒が進んでしまう!?

同店の名物は「シャブスキ」(680円)。

しゃぶしゃぶとすき焼きのコラボで、お肉は黒毛和牛。

そしてこの値段だ。


最初の口当たりはあっさり。

半熟の卵をとかせば、すき焼きへと変貌。


渡辺店長自信の一品だ。

さらに「たまり漬けクリームチーズ」(380円)と、「イカおろしマヨ」(380円)を追加オーダー。

「たまり漬けクリームチーズは、1回食べると次からも注文がある人気メニューです」


いやはや、見事なまでのハーモニー。

チーズとたまり醤油が、これほど合うとは……。


「イカおろしマヨ」も、同じく完成度は高い。

これで両方とも380円とは非常にお値打ちだ。

創作料理はまだ続く。

「カルボナーラ茶碗蒸し」(480円)は、見た目は茶碗蒸し。

味はチーズとの相性がいいカルボナーラ風。


第1ビルなので、さらにお値打ち料理もある。

「しらすポン酢」は、驚愕のたった80円!


なお、5月からランチもスタート予定なので、こちらも乞うご期待!


■『ルーシースタンドダイニング大阪駅前第1ビル店』
[住所]大阪市北区梅田1-3-1 大阪駅前第一ビルB2F-25-2-2
[TEL]06-6342-6333
[営業時間]11時半~14時、17時~23時
[定休日]日曜日、祝日







加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

このグルメ記事のライター
加藤慶@まとメシ

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ふらっと立ち寄ったお店で心がときめく瞬間がこれまで何度かある。 「ホテルの1階にこんなお店ができたんや。立ち飲み屋で日本酒も豊富そうやし、変わったお店やな……」 こう感じた店が、今回紹介する「ぽん酒マニア」。 確かオープン初日、もしくは翌日だったはずだ……。
労働者の町・萩之茶屋で、女手一つで切り盛り。 朝8時営業で、最近は外国人観光客が少しずつ増えているというのが、今回紹介する大衆酒場「あーる&あーる」。 外国人の方々が絶賛する「トンテキ」は、刻みニンニクたっぷりの料理だ。
今里にある寿司屋の名店「八十八」。屋号は「やそはち」と読む。 15歳からこの業界に飛び込み、若くして独立した“活きの良い”店主がこだわる、魚の鮮度は、一度試してみる価値アリやで!
東淀川区の淡路。 友人の酒場通に言わせると、淡路に「電車賃をつかっても来る価値のある場所」があるという。 それが今回紹介する「あわや」。正直「お店大丈夫⁉」と心配してしまうほど価格破壊のメニュー満載の立ち飲み店だ。
大人の社交場、北新地に酒場がオープンするとの情報をキャッチ。 堂島アバンザから目と鼻の先にある「北ノ酒場TACHIPPA」は、北新地ではほとんど見かけない立ち飲みスタイルで、しかも割烹料理を提供。実にリーズナブルで、早くも女子会で人気だそう……。
ステイホーム期間中に限らず、おっさん女子的に、三鷹周辺は“おにぎりの街”だと思っています。おにぎりといえば、テイクアウトグルメの王道。 私が白飯至上主義なのもありますが、いい機会なので、三鷹のおにぎりの店を皆さんに覚えてほしいです……。
名古屋市東区東桜にある料亭『神楽家』。 昭和初期の建物をリノベーションした、都心とは思えない落ち着いた雰囲気の中で食事が楽しめる。 この神楽家も、GW前から店の前で「ドライブ&ウォーク・スルー」というスタイルでランチボックスを販売。早くもリピーターが続出しているという。
パスワードを入れるタイプのWi-Fiなので、高い安全性がうれしい。コンセントは5席あるカウンターにあり、タイミングによっては高い競争率になることも。
徳島県・吉野川に沿う山間部にある、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。歩危マートで売られている岩豆腐を使った、硬くて濃厚な豆腐料理をご紹介。 吉野川沿いの渓谷の景色といっしょに、満喫いたしました……。
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt